薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


新政権は約束を守って!
もう待てない!350万人のいのち

肝炎患者支援法
いまが瀬戸際です!

このまま肝炎患者を置き去りにしないで下さい! 

【肝炎患者支援法案ができる!】

新聞報道によると、国の責任を明記した肝炎患者支援法の民主党修正案ができたとのことです。
この内容については、自民党も賛成の意向を示しています。
ところが・・・

【法案の審議すらできない!?】

民主党は、「議員立法」を原則禁止する方針を打ち出しています。
そのため、このままでは法案が成立しないおそれが高まっています。

実際に、民主党の有力幹部が、今度の臨時国会で、肝炎患者支援法は、「審議入りすることはない」と語ったとの報道もあります。

これが事実なら、いつまでも肝炎患者は、置き去りにされたままです。

【約束を守って!一刻も早く立法化を!】

日本では、B型・C型肝炎患者が約350万人います。
その多くは、集団予防接種や輸血、血液製剤などの医療行為で感染しました。
肝硬変・肝がんで、年間4万人以上が亡くなっていますが、その9割がB型・C型肝炎患者です。
現在も、多くの患者が、肝炎で苦しんでいます。

鳩山首相は、総選挙前に、政権交代したら、肝炎患者支援法を提出し、成立させたいと述べていました。

私たちは、明日から始まる臨時国会で、肝炎治療の医療体制の整備、治療費・生活支援を実現させるための肝炎患者支援法の制定をするよう、求めていきます。


2009年10月23日産経新聞報道
行き場失う「議員立法」 小沢氏が原則禁止、肝炎法案も不透明
肝炎救済基本法の民主修正案判明 「国の責任」改めて明確に、自民も賛成へ
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-25 13:30 | 肝炎患者支援法キャンペーン
<< 肝炎患者支援法実現のための全国... 肝炎患者支援法、全国一斉キャンペーン >>