薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


書籍「薬害肝炎とのたたかい」出版されます
d0081819_22553130.jpgこの10月30日に、薬害肝炎原告の書籍が出版されます。
薬害肝炎全国原告団が企画し、原告を中心とした総勢80名を超える執筆陣が、被害の体験、これまで活動の苦難や成果をまとめた、渾身の力作です。
ぜひぜひ、お買い求め下さい。
薬害肝炎の理解だけでなく、原告団活動のご支援のためにも、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに、この週末10月31日に名古屋で開催される、患者の権利宣言25周年集会記念集会では、割引価格1200円で販売いたします。

薬害肝炎とのたたかい
-350万人の願いをかかげて

薬害肝炎全国原告団出版委員会編
四六判・320頁
桐書房
定価1365円(消費税込み)
ISBN978-4-87647-757-9

病苦や経済的な困難、偏見など、幾多の苦難を背負いながら、国と製薬企業を相手にいのちをかけて闘った原告たちの軌跡。弁護団と支援者の力強い励ましは原告の運命と歴史を変えるエネルギーとなった。



【主な目次】

刊行に寄せて (衆議院議員 福田衣里子)

第1章 薬害肝炎はなぜ起こったのか
 1 私が歩まざるを得なかった道 (薬害肝炎全国原告団代表 山口美智子)
 2 薬害肝炎の経過と被害の実態 (東洋大学社会学部教授 片平洌彦)

第2章 患者・家族の苦しみと裁判への決意
 1 感染、そして病気とのたたかい (東京原告ほか 6名)
 2 病気と家族の苦しみ (九州原告ほか 5名)
 3 不安に耐える日々 (大阪原告ほか 7名)
 4 家族として原告を支えて (九州原告の母ほか 4名)
 5 希望をつかむためのたたかい (仙台原告ほか 6名)

第3章 裁判への思いと願い
 1 弁護団と肝炎裁判 (薬害肝炎全国原告団代表 鈴木利廣、薬害肝炎九州弁護団 石田光史)
 2 原告と肝炎裁判 (名古屋原告 金田和子ほか 14名)
 3 支援者と肝炎裁判 (学生、市民、患者会から16名)

第4章 和解への道のり (大阪原告 武田せい子ほか 8名)

第5章 患者の救済と再発の防止をめざして (東京原告ほか 9名)

第6章 薬害肝炎とのたたかい - その意味とこれからの展望


【本書の特色・特徴】

● 原告団が企画し、原告自らの体験を中心に編集した。

● 全国各地の原告が、多岐にわたる患者・家族の苦しみや困難の現実をリアルに訴えた。

● 原告団、弁護団、支援者らが、80名を超えて執筆し、薬害肝炎とのたたかいの経過全体像を浮かび上がらせた。

● 薬害研究者が、薬害肝炎の被害の実態やその経緯を明解にまとめた。

● 裁判を勝利に導いた弁護団が、訴訟の経過と各地で闘われた意義をコンパクトに報告した。

● 国と製薬企業を相手に原告団がどのように闘ったかを克明に報告した。

● 国や製薬企業との和解以降、患者の救済や再発防止の活動の成果を明らかにした。

● 350万人の肝炎患者支援のための法律実現に向けた活動の展望を位置付けた。

● これまで明かされる機会のなかった、たたかいのエピソード・舞台裏の様子や心境が、各地原告団代表や弁護団の口から語られた。

● 薬害関連の年表、東京地裁の判決骨子、国や製薬企業との基本合意書などを資料に付し、薬害肝炎問題に対する理解のための一助とした。
[PR]
by kanen-relay | 2009-10-28 10:00 | 薬害肝炎資料室
<< 長妻大臣面談の事後報告会を開きます 長妻厚労大臣と面談へ >>