薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


そして鳩山総理面談、それから自公懇談会
【鳩山総理面談のご報告】

そして、本日16時から首相官邸にて、鳩山総理との面談が行われました。
弁護団の小山弁護士から報告です。

(本日の出席者)
 鳩山首相
 松野内閣官房副長官
 長妻厚生労働大臣、山井厚生労働大臣政務官
 家西悟議員、梅村聡議員、柚木道義議員、内山晃議員
 福田衣里子議員(司会)

第1部 鳩山首相と三団体面談

●鳩山首相のあいさつ
 民主党が政権をとった暁には、肝炎問題を解決する約束をしたことを覚えています。
 肝炎対策基本法の成立に全力を尽す。法案の成立はいろいろなやり方でできると思う。臨時国会での成立の努力を約束する。これまでに十分な対応をとれていないのであれば、十分な対応をとることを約束する。皆様方に首相官邸まで足を運んでいただかねばならなかった以上、臨時国会の中での解決を図る。
 命に関わる問題だからこそ、今解決を図らねばならない。その強い意志を表明する。内容については皆様の意見を聞いて、成立の協力を約束する。今まで長い時間がかかったことを政府としてお詫びする。今こそ解決することを約束する。
 官邸に出向いていただいたこと厚く御礼申し上げる。

●薬害肝炎原告団山口美智子代表のあいさつ
 350万人の肝炎患者の代表として官邸に来た。
 今年6月30日、鳩山代表に会ったときに、鳩山代表は「一人の命も粗末にしない。政権をとったあかつきには肝炎法案を成立させたい」と言葉をもらったことを覚えている。
 肝炎基本法が成立した後には、法案に基づいて予算措置がとられることを願う。「命を救う政権、命を救う予算措置」をお願いしたい。

(ここで、山口代表は、要望書を、総理に手渡しました。)


第2部 鳩山首相との意見交換

●薬害肝炎山口代表
 臨時国会での成立を約束していただいたこと、感激した。薬害肝炎救済法では救済されない一般患者、抗ウイルス薬が聞かない者の救済を是非はかっていただきたい。そのためには長妻大臣の後押しをして欲しい。

●鳩山首相
 今までと違って、政治主導の政権を目指している。国の責任を認め、予算措置を執ることが大切。命を大切にする政権を標榜する以上、肝炎政策を最優先の課題とする。ここにいる全員で長妻大臣の後押しをしなければならない。また、財務大臣と戦わなければならない(笑)。

●長妻厚生労働大臣
 先日、山口美智子代表が厚生労働大臣室に来ていただき、官邸に行く約束をした。従前の厚生労働行政は、418リスト問題など、誠意に欠けた対応をしてきたこともあったが、今後はそのようなことがないようにしていきたい。
 B型肝炎、C型肝炎の治療薬について、医療費の助成を実行していきたい。全力で薬害の再発防止、医療費助成に取り組んでいく。

(鳩山首相より、他の方も意見も述べるよう、促されました)

●肝臓病患者会(岩手)
 肝炎対策基本法の成立、国の責任を認めること、患者救済は悲願である。岩手県の患者会をみていると、高齢者が多くインターフェロン治療が困難。お金だけでなくシステムを作っていって欲しい。

●B型肝炎原告九州代表
 母子感染の悲劇がある、B型肝炎の救済を求める。

●日肝協
 肝硬変、肝がんに進行している人が多く、一刻も早い対策をお願いする。

●薬害肝炎山口代表
 有言実行でお願いしたい。

●鳩山首相
 それぞれの立場の気持ちを大切にしたい。時間との勝負、お金ではなく仕組みづくりをと求める気持ちも理解できる。人の命を大切にするという政権の試金石の問題ととらえる。この臨時国会での解決、各党の皆様も大変努力していただいている、政争の具とすることなく超党派での解決を目指したい。

................

【自公懇談会のご報告】

続いて、16時40分から17時まで自公懇談会が行われました。
弁護団の濱野弁護士から報告です。

(本日の出席者)
石破議員(自民政調会長)、斉藤議員(公明政調会長)
大村議員(厚労委筆頭理事・司会)、
吉野議員(自)、菅原議員(自)、田村議員(自)、加藤議員(自)
赤松議員(公)、古屋議員(公)


●石破政調会長
 今回、肝炎対策基本法案提出の運びとなった。
 福田総理の時、自分も内閣にいたが、きちんとした法律を作らないといけない、 国の責任を果たすべき、とおっしゃっていた。基本法が1日も早く成立するよう最善の努力を、自民・公明ともにしていく。

●斉藤政調会長
 先の通常国会で法案が廃案になり、大変残念な思いだったと聞いた。今回、山口公明代表も代表質問でとりあげ、私も予算委員会で質問した。 肝硬変、肝がんも新たに対象に加えている。

●大村議員
(法案の概略を説明されました)
 自民・公明で2年前の10月に肝炎対策基本法案を提出した。これは、総合的な肝炎対策を進めていこうというもの。
 ただ、今回3点修正した。
 (1) 前文に国の責任を入れた。法制局とも、つめてある。
 (2) 肝硬変、肝がんに関する施策の実施を加えた。
 (3) 臨時国会成立を前提に、平成22年1月1日施行。
 引き続き、全力で取り組んでいく。

●薬害肝炎山口代表のあいさつ
 (肝炎対策基本法案の提出に対する感謝の言葉を述べた上で)
 2年ぶりに斉藤政調会長と顔を合わせ、当時のことを思い出し言葉を詰まらせる。
 いま面談してきたが、鳩山総理も「超党派で」と言っていた。
 ただ、これまで何度も政局に翻弄されてきた。是非、1日も早く成立を。

●日肝協のあいさつ
 (肝炎対策基本法案の提出に対する感謝の言葉を述べた上で)
 ただ、ウイルス性肝炎に気付いていない人たくさんいる。検査体制を。

●B型肝炎原告のあいさつ
 (肝炎対策基本法案の提出に対する感謝の言葉を述べた上で)
 同時に、B型肝炎訴訟の全員救済を。

●赤松議員
 3年前に厚労副大臣だったが、その時原告団に会えなかったことの罪滅ぼしとして、この問題に関わってきた。

●古屋議員
 山口代表と同い年。女性の立場として他人事ではない。

●吉野議員
 厚労委理事。薬害肝炎救済法の時の原告の傍聴の姿に感動した。

●菅原議員
 2年前もこの場(舛添大臣面談のときと同じ衆議院第1議員会館地下の大会議室)にいた。寒風の中、行進する原告を見て、1人でも多く救済されるように。

●田村議員
 この臨時国会で成立することが目的。超党派でしっかりと協力してやる。

●加藤議員
 まだまだ運用面の話もある。厚労委員会で反映していきたい。

(最後に、今後の委員会の段取りについて、お伺いしました。)

●大村議員
 衆議院厚生労働委員会は明日始まり、所信表明がされる。来週、一般質疑が行われ、新型インフルが議論される。法案は、これからここにいるみんなで提出に行く。新型インフルと並行して、与野党協議をしていくことになるだろう。全会派一致に持ち込んで、委員長提案で質疑もなく成立させたい。

.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-10 23:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
<< 今週末の街頭活動のお知らせ 国会請願行動、そして・・・ >>