薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


高畠さん一周忌
他の法案の審議のあおりで、肝炎患者支援法の成立が来年1月の通常国会に先送りになる可能性もある、という報道がなされていました。
その報道が本当であるとしたら、先日の鳩山首相の言葉は、一体何だったのでしょうか?

肝炎患者のいのちが、政争の具に使われているのでしょうか?


さて、昨日(11/19)の朝日新聞夕刊に、日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の元事務局長であった故高畠譲二さんの一周忌の記事「肝炎と闘った人生偲ぶ」がありました。
21日に、東京・新宿で、偲ぶ会が開かれるそうです。

薬害肝炎訴訟の始まるずっと前、後に薬害肝炎弁護団を結成する弁護士たちがまだ「肝炎」について勉強を始めたころから、高畠さんには、薬害肝炎の活動をご理解いただき、ずっと支援していただきました。

高畠さんのご紹介で、初めて肝臓専門家の医師からご教示を受けたときのこと、高畠さんのお取り計らいで、日肝協の事務局で初めて薬害肝炎ホットラインを行い、絶え間なく鳴り続ける電話に対応したことなど、思い出されます。

薬害肝炎東京訴訟の傍聴にも、毎回来ていただきました。


高畠さんの長い活動と熱い思いが大きく花開くためにも、悲観的な見通しのニュースに負けることなく、まだまだ薬害肝炎原告団・弁護団も、闘い続けなければなりません。



.........................
d0081819_13403332.jpg

肝炎患者支援のための全国キャンペーン
もう待てない!350万人のいのち

肝炎対策基本法の制定を求めるための署名活動にご協力ください。

[PR]
by kanen-relay | 2009-11-20 00:00 | 東京から
<< 衆議院で可決されました! 今国会で成立するのか? >>