薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


肝炎対策基本法成立についての党首発言
昨日、肝炎対策基本法の成立を受けて、薬害肝炎原告団、患者会、B型肝炎原告団の3団体は、各党の党首の方々と面談しました。

発言の要旨は、以下のとおりです。
なお、PDFファイルでもアップしました。

【民主党】
●鳩山首相
本当に長い間頑張られたことが実を結んだ。しかし、その間多くの方がなくなったのは残念。予算が不十分ならば皆様の期待には応えられない。まだ先は長いが新政権として、命を大事にする政治を実現すべく頑張っていく。

●小沢幹事長
これからの予算付けが重要となる。また、B型肝炎訴訟の解決も重要な課題である。今後とも頑張っていく。

●長妻厚労大臣
これを糧にB・C型肝炎患者の医療費助成をしていかなければならないと考えている。

【自民党】
●谷垣総裁
皆さんの長年の懸念が基本法という形で実ってよかった。基本法ができたことが、未だ未解決の問題(B型肝炎訴訟の解決など)についてのいいきっかけになれば良いと考えている。

●福田元首相
2年前の皆さんの必死の気持ちが伝わった。基本法で一歩前進。おめでとうございます。

●舛添元厚労大臣
未だ第1歩に過ぎない。法案が心残りだったので、成立してほっとした。まだまだやることがたくさんあるので、今後とも努力していきたい。二度と薬害が起きないように一緒に頑張っていきたい。

【公明党】
●山口代表
前政権中、そして政権交代後も成立に向けて努力してきた。これからの実施の面も含めてお手伝いしていきたい。

●赤松議員
B型肝炎の早期解決の問題も受け止めて今後もしっかりやっていく。

【共産党】
●志位委員長
皆さんの勇気ある戦いが背中を押してくれた。薬害の問題にとどめず、350万人の救済のために声を上げていく。これから、以下の3つの大きな問題がある。
①法15条の患者の経済的負担の軽減の具体化インターフェロン治療費の無料化はもちろん、抗ウィルス薬や強ミノなどについても、予算を付けていく。②法19条の肝炎対策協議会について、その委員構成や内容等について。③B型肝炎訴訟の早期解決。

【社民党】
●福島党首
一緒に頑張ってきた友達という感じをしている。患者の人達が苦労するのはおかしいと思っていた。本当にお疲れ様。基本法が成立した後のフォローをしっかりやらせて頂きたい。特に、予算措置、きめ細かいフォローを内閣の中でも、個人としても、党首としても、議員としても頑張っていきたい。

【新党日本】
●田中党首
一番恐ろしいのは、基本法ができてそれで終わりになること。そうならないように今後も協力していく。
[PR]
by kanen-relay | 2009-12-01 10:00 | 肝炎患者支援法キャンペーン
<< 肝炎対策基本法の内容 【声明】肝炎対策基本法成立に際して >>