薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害イレッサ訴訟と薬害再発防止に関する声明と要請
                         2011(平成23)年2月28日

薬害イレッサ訴訟と薬害再発防止に関する声明と要請

         薬害肝炎全国原告団 代表 山 口 美智子
         薬害肝炎全国弁護団 代表 鈴 木 利 廣

 薬害肝炎全国原告団・弁護団は、2002(平成14)年10月の提訴以来、加害責任の明確化と、薬害の再発防止を求めてきました。
このことは、2008(平成20)年1月の国との基本合意書にも盛り込まれ、国は「命の尊さを再認識し、薬害ないし医薬品による健康被害の再発防止に最善、最大の努力を行うこと」を確約しました。
これを受けて厚生労働省に設置された「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」は、2年間で23回の議論を重ね、2010(平成22)年4月、厚生労働大臣に「薬害再発防止のための医薬品行政等の見直しについて(最終提言)」を提出しました。

 最終提言では、「添付文書は、薬事法上作成が義務付けられた、製薬企業が最新の知見を医療現場に情報伝達する最も基本的で重要な文書である」として、添付文書の承認時の位置付けや行政の責任を明確にするよう、その見直しが提言されています。

このような状況の下、今般、大阪地方裁判所は、薬害イレッサ訴訟において、アストラゼネカ社のイレッサの添付文書の記載に、製造物責任法上の指示・警告上の欠陥があるとして、アストラゼネカ社の責任を認める判決を言い渡しました。

 他方で、大阪地裁判決は、厚生労働大臣の添付文書に関する規制権限行使は必ずしも万全ではなかったが、その許容される限度を逸脱して著しく合理性を欠くということはできないとして、国の責任を否定しました。

 しかし、添付文書は、医薬品の安全確保などの目的で、薬事法上、製薬会社に作成が義務付けられているものであり、国は、承認申請時に添付文書案の提出を受けて審査を行っています。
添付文書の記載が「製造物責任法上の指示・警告上の欠陥」にあたるのであれば、厚生労働大臣には、承認時において、製薬会社に対し添付文書を適切に記載させるべき義務があるはずです。
このことは、薬事法上の国の安全確保責任から当然であり、薬事法上、添付文書の承認時の位置付けや行政の責任が不明確であることをもって、厚生労働大臣が免責されるのは明らかに不当です。

 このように、国には、添付文書による適切な警告表示によって薬害の発生を防止すべき責任があるのであり、イレッサの添付文書に指示・警告上の欠陥を認めた大阪地裁判決は、国がその責任を果たさなかったことを示したものであると考えます。

 薬害肝炎全国原告団・弁護団は、国に対し、上記責任に基づき、添付文書の薬事法上の位置付けや行政の責任の明確化を求めるとともに、薬害イレッサ訴訟の早期全面解決を求めます。

 また、薬害肝炎全国原告団・弁護団は、各国会議員に対し、「薬害イレッサ訴訟と薬害再発防止」に関する国会審議と、薬害イレッサ訴訟の早期全面解決に向けた与野党協議の実施を要請します。

以上
[PR]
by kanen-relay | 2011-02-28 12:00 | 薬害肝炎資料室
<< 薬害イレッサ訴訟大阪判決後行動2日目 薬害イレッサ大阪判決後行動 >>