薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


2006年 AIDS文化フォーラムin横浜
 「2006年度第13回AIDS文化フォーラムin横浜」が、かながわ県民センターで開催されました(主催:AIDS文化フォーラムin横浜組織委員会)。

 8月5日午後1時~3時のコマで、「薬害エイズを考える山の手の会」が「薬害エイズから薬害肝炎/薬害は繰り返される」と題してパネルを行いました。

 パネルでは、薬害エイズの原告お二人、薬害肝炎の東京原告21番さん、毎日新聞の江刺記者に、弁護士小松から質問しました。原告の方々には、感染の経過、感染を知った状況・気持ち、被害、現在の生活、治療、将来の希望などを、江刺記者には、マスコミ全般の状況と江刺記者の関わりなどを、聞いていきました。

 薬害エイズの被害者も、今はHIVの治療をきちんとしていれば、エイズでは死なないが、血液製剤によって感染させられた肝炎で死ぬ人が多いこと、つまり、「薬害」肝炎に行き着くこと、薬害肝炎の被害の大変な実態 (21番さんの語る差別体験や、インターフェロン治療が費用がかかること、費用のこと仕事が出来ないこと等で治療を受けられない被害者がたくさんいること等々→みんなびっくりして聞いていました) 、マスコミの作為と不作為の問題点、薬害は繰り返されること等、がそれなりにわかりやすく提示できたかなと思います。東京原告21番さんが「山の手の会」と方たちと交流できたのも大きかったです。

(東京弁護団・小松)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-07 00:00 | 東京から
<< インターフェロン療法の医療機関格差 東京訴訟 8月1日結審 >>