薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎ホットラインから
 今日も蒸し暑いですねー。体調管理には気を付けましょう(そう言っている私が昨日ダウンしました(>_<))。

 薬害肝炎訴訟の大阪判決後,弁護団では「薬害肝炎ホットライン」として,製剤によって被害にあったと思われる方の電話相談活動を行っています。
・ 「数値が1000を超えています。」,「もう肝硬変といわれました。」「2度目の肝臓癌の手術をしたのですが」など,現状の病状・将来への不安。
・ 「インターフェロンを打つと高熱が出るし,吐き気,下痢などで外にも出られません。」「週3回も,強ミノ(強力ミノファーゲン)の注射をやっています。」など,日々の治療の苦しみ。
・ 「歯医者で治療を拒否されました。」「就職面接の際に肝炎だと話したら態度が豹変した。」など,差別体験。
・ 「息子が肝炎で苦しんでいる。」「夫を肝臓癌で亡くした。本当に悔しい。この無念を晴らしたい。」など,愛する家族の苦悩・悲しみ。

 僅かな時間の電話ですが,本当に多くの悲痛な声を聞きます。私たちはまだやらなければならないことがいっぱいあると実感させられます。
 また,弁護団が訴訟のみならず肝炎患者全体のために取り組んでいこうとしていることを知っているためか,「支援する会の資料を送って下さい」「がんばって下さい」などの激励の電話もあります。こういう電話を聞くと元気になります。
 そして,実際に製剤の使用が確実な方が何人もあらわれています。

 現在,弁護団で手分けをして,各医療機関に投与の有無に関する調査依頼や被害者の聴き取りを行っており,新たな提訴も含め準備しています。
 なお,現在も電話相談をやっています。
  電話番号:03-3358-2110
  開通時間:平日(月~金) 午前10時~午後4時
 

 これから,薬害根絶デー,福岡判決後の活動など様々な活動が予定されています。こうした被害者の声を広く世間に伝えていくことを,みんなの頭でいろいろ考えていきましょう(^o^)

(東京弁護団・なかがわ)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-12 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎訴訟の概要&論点説明i... 福岡判決前後の活動・集会のお知らせ >>