薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


朝日新聞社説「安心して治療を受けたい」を読んで
 「時限爆弾を抱えた人たちが全国に350万人もいる。放っておけば、その多くは確実に爆発する。それなのに、国はきちんと手を打とうとしない。肝炎の話である」(2006年8月18日朝日新聞社説より)
                ☆
 原告の方たちの話を聴くと、「時限爆弾を抱えた」という例えは「大げさでも何でもないなぁ」と実感します。
 体内にある肝炎ウイルスが、眼に見えないところで活動し続け、予想もしないときに暴れ出し、肝硬変や肝がんをもたらす。ウイルスを排除できない限り、その運命を変えられない・・・。
 社説は、こう締めくくっています。
「肝炎を広げてしまった行政が救えるはずの患者を放置すれば、怠慢を越えて、もはや犯罪である」
 そう、国には「時限爆弾」を処理する責任があるんですよね。
 
(東京弁護団・石井) 
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-19 00:00 | 東京から
<< リンク集~原告たちのサイト 06.8.1原告最終準備書面in東京 >>