薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


8月25日全国一斉提訴
昨日8月25日、東京・大阪・名古屋・福岡に合計31名が全国一斉提訴を行いました。全国の原告数は100名を超え、127名となりました。
以下は、東京地裁の司法記者クラブで記者会見をした須嵜弁護士のレポートです。
 
 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

d0081819_14131246.jpg昨日、大阪判決後初めての一斉提訴が行われました。東京でも女性4名・男性1名の5名の方が新規提訴され、新しく原告として加わることになりました。

記者会見に出席された原告さん(28番さん)は、「自分の受けた被害を黙っていてはいけないと思い原告に加わることにした」と記者からの質問に対して答えておられました。

新しい原告メンバーを迎え、いよいよ8月30日には福岡判決が言い渡されます。8月30日の福岡判決後は、連日、街頭でのアピールなど沢山の運動計画が企画されています。

街頭でのアピールは、なかなか慣れないもので、苦手意識のある方も多いでしょうが(私もそうです。)、被害の事実を目にした以上、今日の28番さんのように「黙っていてはだめだ」と覚悟を決め、少しずつでも参加していただければと思います。
みんなで、頑張って支援の輪を押し広げて行きましょう!

30日以降の2週間の間に、沢山の方とお会いし、沢山の黄色いハンカチが風にはためく様子を楽しみにしています。

(東京弁護団・須嵜)

写真は提訴の記者会見。左から中川、濱野、石井弁護士。画面右端に肩だけ写っているのが原告28番さん。
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-26 01:00 | 東京から
<< 8月23日伊藤塾講演 実名原告・久野郁子さんからのメ... >>