薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


実名原告・久野郁子さんからのメッセージ
d0081819_1447229.jpg東京結審時に実名公表された原告・平井要さん(原告19番)に続き、東京で二人目の原告が実名公表されました。

昨日8月25日に提訴された久野郁子さん(原告27番、千葉県、48歳)です。以下は、久野さんのメッセージです。

写真(=名古屋弁護団・堀弁護士撮影)は、2006年8月24日の薬害根絶デーで訴える久野さん。

 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 私は、1988年5月に第2子を出産した際に、大量出血のためフィブリノゲン製剤の投与を受け、C型肝炎に感染しました。

 産後40日目で、急性肝炎のため3ヶ月の入院生活。生まれたばかりの子供にも会えず、第1子も親戚に預けての辛い入院生活でした。頭の中では、このまま慢性肝炎、肝硬変、肝がんへの進行。そして、死という長い暗いトンネルが出来上がっていました。

 4年後、恐れていた慢性肝炎の発症。小さな子供をかかえ、本当に不安な毎日でした。

 安全であるはずの薬によって、どうしてこのような目に見えない不安におびえなければいけないのか、差別や偏見を受けなければいけないのか、この怒りはどこにぶつければいいのかと心の中で叫びつつ、でも、現実は1人で病気に立ち向かうしかなかったのです。

 肝炎の辛さ、インターフェロンの苦しさ、差別も体験した者でしかわかりません。

 幸い、治療によりウィルスが消えたと伝えられたときは、嬉しくて涙が出ました。トンネルの出口が見えてきたのです。

 その時、はじめて周りが見え、私よりもっともっとC型肝炎で苦しんでいらっしゃる方がいることを認識しました。実名を公表して気持ちを伝え、みなさんの支援をいただき、治療体制の確立をめざし、偏見がなくなるよう声を出していきたいと思います。

 そして、肝炎に対してまだまだ残っている将来的な不安に立ち向かう自分への原動力にしていきたいと思っています。

[PR]
by kanen-relay | 2006-08-26 00:00 | 東京から
<< 8月25日全国一斉提訴 2006年薬害根絶デーin札幌 >>