薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害根絶デー2006 その3(碑の前行動&パレード)
d0081819_14262880.jpg【碑の前行動】 13時からは「碑の前」行動です。

 厚労大臣が薬害根絶デーの「碑の前」行動に出席することが(個別要求書を受け取ることも)、既成事実になったのは大きいです。

【パレード】 13時30分からは、パレード。5列に並ぶのに(パレードの許可条件)みんな言うことを聞かず、学級崩壊の小学生みたいでした。

 パレードは爽快。特に銀座では、通行人が「あれは何だ」と見ていました。通行人にうちわを配った参加者もいました。宣伝カー以外にハンドマイクを2つ。学生さんなどがハンドマイクをこもごも取り、訴えながら歩きました。

 約1時間後にパレード終了。お疲れ様でした。
 患者会の皆さん疲れさせてごめんなさい。それから最寄りの地下鉄駅への地図がなくてすいません。

 参加者は、約200名。これくらいいると、迫力があります。しかも、楽しんでやっているパレードはアピールが違います。

 薬被連の方は、14時から厚労省交渉。

【懇談会】 パレード後、弁護士会館に戻って、15時15分から懇談会。約10名のグループを11ほど作り、薬害被害者の原告の方が必ず入るようにして、17時まで懇談しました。かなり深い話が出来たようです。

 参加者は、約120名。

 弁護士は、15時30分から18時まで、薬害弁連想会と肝炎大阪判決の学習会。

(東京弁護団・小松) 

写真提供=名古屋弁護団・堀弁護士
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-27 00:10 | 東京から
<< 薬害根絶デー2006 その4(... 薬害根絶デー2006 その2(... >>