薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


2006薬害根絶デー報告 -原告から-
 2006年8月24日に行われた薬害根絶デーに参加しました。参加したのは、2000年、2004年に続き、今年で3回目です。

 私が今回参加した感想を2点、書きたいと思います。

 1点目は、「今年も変わらなかった。」ということです。
 午前中の文部科学省交渉では、一昨年耳にしたやり取りとほとんど同じやり取りをまた聞くことになりました。午後の碑の前行動では、川崎二郎厚生労働大臣が薬害被害者団体連絡協議会などからの要望書を受け取りましたが、この光景も毎年変わりません。

 2点目は、人の多さに驚きました。
 2000年に参加したときは、薬害被害者の集会といった趣でしたが、今回は社会人支援者や学生の姿が目立ちました。午後行われたパレードでは、沿道のお店から店員さんがパレードの様子を見るために表に出てくるほど迫力のあるパレードになり、薬害肝炎訴訟の原告として非常に勇気付けられました。
 この場をお借りして参加してくださった皆様には深く御礼申し上げます。

 午後の報告集会で掲げられた「薬害はもうイヤだ!!」の文字。毎年「変わらない」からこそ、何かを変えようと酷暑の中東京に集う「人の多さ」を思い、ひとりの原告として「薬害はもうイヤだ!!」の意味と答えを考え続けていました。

(東京原告11番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-08-27 01:00 | 東京から
<< 8月31日朝、福岡判決翌日の街宣活動 薬害根絶デー2006 その4(... >>