薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


福岡判決を武器に、新しい一歩を!
今日は、福岡地方裁判所の判決言渡の日でした。
私も東京から行って来ました!

12時から裁判所前にて、土砂降りの中、判決前集会が行われました。
原告さんや支援の方々の熱い思いが伝わったのか、終わるころにはすっかり雨を吹き飛ばして晴れやかに判決を迎えました。

あまりの人だったため、傍聴券も配布されていましたが、
弁護士も全員は入り切らず、私も緊張しながら裁判所の廊下で待機していました。
2時になり、判決言渡が始まりました。
10分くらい待っていると、旗を持った弁護士が出てきました。
見たくてしょうがなかったのですが、旗って、裁判所の中では開いてはいけないんです。

  後から「勝訴」の旗だったことを知りました。

肝心の判決の内容ですが…
フィブリノゲンについて、1980年11月以降の国・企業双方の責任が認められました。
クリスマシンについては、残念ながら、国・企業ともに責任なしという判断でした。

今回の福岡判決は、大阪判決よりも、認められる年代が早まったという点で評価できるものです。
1977年にアメリカのFDAがフィブリノゲン製剤に有用性が認められないとして承認を取り消したにもかかわらず、国が何の対策もしなかったことを、違法と判断したのです。
また、国の責任が認められなかった年代においても、判決は、国の行為が不相当であることを明確に述べています。

クリスマシンに関しては、責任が認められないという結果になってしまいましたが、判決中で、承認時において、クリスマシンが「後天性第Ⅸ因子欠乏症に有効であり、かつ有用性があると認めるには疑問があったというべきである」と明言されています。
国の承認行為が不相当であったことは明らかです。

原告全員について勝訴とならなかったことはとても残念ですが、今こそ、皆で一丸となって、新しい一歩を踏み出すときです!
私たちの目標は、原告全員の被害の回復、そして全ウイルス性肝炎患者の被害回復なのです。
国の責任は、今回の判決から明らかです。
私たちは、この判決を武器に、全面解決を実現しなければなりません。

明日からはあちこちで街頭宣伝も行われますし、各地でリレー集会もあります。
連日で大変ですが、皆で頑張っていきましょう!

(東京弁護団・後藤)
[PR]
by kanen-relay | 2006-08-30 23:59 | 東京から
<< 朝から夜まで薬害肝炎 判決に対する声明 >>