薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


厚生労働省の姿勢に怒り!!
 8月30日,大阪地裁に続き,福岡地裁において,再び国の責任を認める判決が出ました。

 大阪地裁判決後,原告団・弁護団は,厚生労働省大臣官房の課長と面談し(本来の担当課は,訴訟中のため面談できないということだったので,大臣官房に行くことになったのです),厚生労働大臣がまずは被害者に直接会って,今後の方針を決めるべきであるということを求めてきました。
 しかし,判決から1週間後,厚生労働省大臣は,被害者の声を聞くことなく,控訴しました。

 そのことだけでも原告団の怒りは心頭だったのに,今回の福岡地裁判決後,厚生労働省は,担当課はもちろんのこと,大臣官房課長までもが,原告団・弁護団との面談を拒否してきたのです。
 そして,判決からわずか2日後の9月1日閣議後会見において,厚生労働大臣は,早くも,控訴する方針を表明しました。

 厚生労働省は,大阪地裁判決にしても,福岡地裁判決にしても,司法に厳しく批判された内容を,これだけの短期間にきちんと検討した上で方針を決めたのでしょうか。
 また,何故,被害者の声を直接聞くこともなく,方針を決めることができたのでしょうか。
 厚生労働省は,自分たちが過去に行ってきた行為に非があると司法に判断されても,それを真摯に受け止めず,反省することもなく,解決をいたずらに先延ばししているだけです。

 このような厚生労働省の姿勢は,薬害肝炎訴訟においてのみならず,原爆症不認定集団取消訴訟や,トンネルじん肺訴訟などにおいても同様です。裁判を起こされたら何でもかんでも争い,過去に自分たちがとった言動と矛盾する行動を平気でとり,負けたら何でもかんでも上級審に持ち込み,被害者の病状悪化や死亡を待つ。
 このような厚生労働省に,人の命を守る厚生行政を任せることはできません。

 原告団・弁護団は,福岡判決翌日の8月31日,厚生労働省前で,原告や支援者によるリレートークを行いました。
 参加された方は,みな,上記のような厚生労働省の姿勢に怒り,がっかりしていました。
 この思いは,全国民に共通のものだと思います。

 この厚生労働省の頑なな姿勢を変えるのは,世論の力以外にないと思います。みなさんのご協力をお願い致します。

(大阪弁護団・甲斐)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-01 00:00 | 大阪から
<< 社民党ヒアリング報告 朝から夜まで薬害肝炎 >>