薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


社民党ヒアリング報告
1日午前9時半から参議院議員会館で社民党PTの阿部知子議員によるヒアリングが行われました。九州から原告団8名、弁護団7名、大阪から原告団2名、東京弁護団4名が参加しました。

d0081819_039266.jpg
弁護団による福岡地裁判決の説明のあと、参加した原告全員が裁判の早期解決と安心して治療を受けられる体制の早期確立を口々に訴えました。原告の話に頷きながら熱心に耳を傾けていました。

阿部議員は次のような感想と決意を述べました。

1. 原告の方たちとの面談の機会が増えれば増えるほど、時限爆弾を抱えている現状がよくわかる。みなさんの将来に対する不安は察して余りある。自分が医学生時代にスモン訴訟を経験した。その後も薬害が相次いで発生し現在の薬害肝炎訴訟に至るまで、薬事行政は何も変わっていないことを実感している。

2. 厚労大臣は原告のみなさんに会って話を聞くべきだ。他党とも調整しながら面談実現のために尽力したい。控訴期限である9月13日までの間にしなければならないと思っている。

3. 治療に関しては、インターフェロン療法など「光」が見え始めている。この「光」を
誰もが受けられるようにしなければならない。

4. 小児科医という立場上、クリスマシン関しては大変心を痛めている。専門医の医薬品に対する知識レベルの問題であり、安易な投与がその子の一生を台無しにすることを銘記すべきである。

5. 秋の臨時国会でも党を挙げて追求していきたい。

厚生官僚の言いなりになって原告との面談を拒否し、判決2日後に「控訴方針」のコメントを出した川崎厚労大臣。阿部議員には、こうした厚生官僚と川崎大臣に対する怒りを共有していただました(控訴方針が判明したのはヒアリング後でしたが)。

社民党以外の政党ヒアリングを実現させ、原告の声を厚労大臣に届けなければなりません。

(東京弁護団・福地)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-01 14:00 | 東京から
<< 許されない厚労省の態度 & リ... 厚生労働省の姿勢に怒り!! >>