薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9月2日訴訟説明会 全被害者の救済を!
今日は、全国一斉の訴訟説明会です。

東京はマスコミ報道があまり大きくなく、マスコミ担当としては、どのくらいの人数が集まるか心配でした。14時から大手町サンケイプラザ3階311号室にて、伊藤弁護士の司会で始まりました。

最終的には、35名くらい参加され、まずまずでほっとしました。
参加された方の表情を見ると、思ったより暗くなく、第一次訴訟提訴前の時の、原告さん達の表情より明るい印象を受けました。多分、大阪に続き、福岡でも勝訴しているため、解決へのイメージを持ってきているからでしょうか。
ハンカチへのメッセージも皆さん快く書いてくれました!

説明会後の個別相談会もほとんどの参加者が参加し、弁護士サイドも、一人でも救済できるよう一生懸命対応していました。
大阪、福岡判決で感染時期によって救済の線引きがされているため、参加された皆さんは、ご自分の感染時期について、判決で線引きされた時期と比べたりして、非常に気にされていました。

このような感染時期によって救済される方、救済から外れてしまう方、という線引きがないような判決を東京地裁に是非期待したいです(すでに結審してしまっていますが、この声が、永野裁判長、届いていますか!)。

大阪に続き、福岡でも国、製薬企業の責任が明らかになった以上、国・厚生労働省は責任を認め、すぐにでも解決に乗り出すべきです。
説明会に参加された方の様子を見て、このような思いをさらに強くしました。

9月9日の日比谷公会堂での集会のため、集会担当の弁護士は、1件1件電話を架けて著名人からのメッセージをお願いしています。
誰か、著名人が来てくれないかな~?

(東京弁護団・高井)

d0081819_22284197.jpg薬害肝炎訴訟の目的は肝炎患者全体の救済であることを説明する代表鈴木利廣弁護士

d0081819_22285482.jpg
自らの経験を話し、被害者が声を上げることこそが大事だと訴える実名原告の久野郁子さん
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-02 18:00 | 東京から
<< 9月9日集会のハンカチ参加のお願い 9月2日 東京駅丸の内口でのビラ配り >>