薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9月9日薬害肝炎集会「ハンカチ参加」続々きてます!
 薬害肝炎全国弁護団の弁護士たちで、友人知人のみなさんに、薬害肝炎リレー集会への「ハンカチ参加」をお願いしたところ、ぞくぞくと集まってきています。 このブログをご覧になっている皆さんも、ぜひハンカチ参加をお願いします。
 送り先は、kanenrelay2006@yahoo.co.jpです。
 「断ちきろう 薬害の連鎖 つなげよう 命のちから」に向けて、みなさまのメッセージとご芳名をぜひお寄せ下さい。
 著名人の方からも、薬害肝炎への応援メッセージをいただきました。

 みなさんから、いただいたメッセージから、ごく一部をご紹介いたします。



 「過去から学び、安心して薬の飲める未来を!」

 「二度と同じ構造による薬害が繰り返されないことと、一日も早く感染した方々の苦しみを取り除く治療薬が 開発されることを祈ります」

 「今までは自分には関係ないことだと思っていましたが、昨日の判決のニュースを見ていろいろと考えさせられました」

 「三折肱知為良医」

 「たった1本の薬の投与でたくさんの方(子供まで)の人生が狂わされているという現実をまず、私達もきちんと認識しないといけないと感じました。まず、知ることから始めたいと思います。」

 「厚生労働省職員、製薬会社職員の人へ:あなた方は死ぬ前に安心して死ねますか? 『自分の人生は自分の良心に背くことのない正しいものだった』と。」

 「薬害を自分自身の身近な問題として考え、今後被害者が出ない世の中になってほしいです。」

 「なかなか、力になる応援ができなくてごめんなさい。でも、いつも市民として見守っています。今回はわずかながら参加のチャンスをくださってありがとうございました。『日比谷には参加できませんが、 応援しています。被害者、支援者、弁護団の方々、これからも頑張ってください。』」

 「被害者に会おうともしない国・厚労相の姿勢にあきれ返ります。控訴に対し抗議します。被告企業と国の責任を明らかにし、特に国はこれまでの肝炎対策を見直し、肝炎感染者に役立つ医療福祉政策を行うべきです。集会の成功を!」

 「この一枚が生命である!!」

 「国の対応のまずさや製薬会社の責任が放置され、長い間苦しんでいらっしゃる方が何の救済もなく、許しがたいい事です。私達の仲間は、知的障害者の親たちです。医療の不適切な処置により、障害になったり、今も毎日薬を服用したり、医療とはかけはなれる事のない人たちです。他人事ではありません。集会に参加できる人がいませんが、名前だけは記入してます。気持ちとしては応援してます。」(14名連名でのfax)

 「薬は病気を治すためのもの。国や製薬企業に人生や命を左右されるなんて以ての他です。集会の趣旨に賛同いたします。」

 「すばらしい活動ですね。こういう草の根運動が世の中を変えていく源泉だと思います。」

 「しぶとく、しなやかに頑張りましょう」

 「国が1人を1億分の1とみている限り悲劇は繰り返す!」

 「出産を経験したものとしては、他人事ではありません。応援しています!」

 「厚労省は有効性を過度に評価し、安全性を過小評価することが罪にになることを早く認識してください。」

 「企業の利益のため、厚生労働省の怠慢のため、一般市民の多くが犠牲となった薬害を繰り返さないためには、犠牲者への謝罪と救済が不可欠です。全ての薬害犠牲者が、少しでも早く救済されるよう、強く国に求めます!!」

 「安心して薬が飲める世の中でなければ、困ります。 責任を明らかにし明確な対策を!」

 「国と製薬企業関係者には、一人の人間として理性をもってこの事件に向き合い、考えて欲しい。そして、消し去ることのできないこの事件の不幸な被害者の方には、誠心誠意の対応をお願いする。」

  「人の命と社会正義が尊重される日が一日も早く実現されることを願って」

 「製薬会社の責任ももちろんですが、国民の安全を守るべき国の責任は大きいと思います。」

 「早く全面解決を!」

 「国と企業は誠意ある対応を!」

 「薬害のない社会を子供達に!」

 「薬害C型肝炎訴訟が行われていることは知っておりましたが、少なくとも1万人以上という多数の方々が被害にあわれていること、そして日々の生活にまで支障をきたす肝炎という病気の症状についてはあまり知りませんでした。でも、私の同じ年頃の、普通に生活しているたくさんの女性達が、健康診断・出産時に薬害に遭われていることを知り、本当に人ごとではない、2度と起こってはいけない問題だと強く感じました。
 『薬害問題の早期解決!早期絶滅!そして被害者の薬害C型肝炎完全撃退!を心より願っております。』」

 「夫は、薬害ではありませんでしょうが、(略)、nonAnonB型肝炎に罹り、25年ほど患ってから 肝臓ガンに罹りなくなりました。他人事ではございません。私も何人かの友人にメール致します。この輪が広がって一人でも多くの方の意識が高まり、活動が功を奏する様、祈ります。」

 「娘が来年○月帝王切開で出産予定です。時代がさかのぼっていましたら同じ被害にあっていた可能性があります。日頃から本件に関しては怒りを覚えていました。国民的運動としてさらに拡がりをみせるように期待します。」

 「国と企業、関係者の方たちには人としてあるべき責任をとってほしいと思います。」

 「今回の報道で問題の深刻さを初めて知りました。皆様の活動に賛同いたします。」

 「国、製薬企業は薬害C型肝炎事件に対する法的責任を速やかに認めその責任を果たせ。また薬害事件が繰り返されないための適切な対応を取れ。」

 「薬害ゼロの社会を!」

 「被害者にとって最良の形で解決されますよう応援いたします。」

 「薬害は他人事ではないと思います。病気になると仕方なく医療のお世話になりますが、そのシステムに全幅の信頼を置けないまま自分や家族の身体を委ねざるを得ないのは怖いです。」

 「命のちからを信じて前進を!」

 「裁判の勝訴を願っています。」

 「厚生労働省及び法務省の非人間的な対応に憤りを覚えます。自分たちの間違いを糊塗し、責任を追及されるのを恐れる官僚の独善的な態度に政治が沈黙している典型的な例で、小泉首相の指揮が全然見られないのは、残念です。民主主義の確立のためにもがんばってください。」

 「私も、薬の副作用が出やすい体質です。人ごとではありません。医療の世界に責任と体質改善を!」


 「薬害エイズや肝炎の話は報道されている範囲でしか知りませんでした。しかし本当にひどい話がいまの時代いっぱいあります。がんばってください。」

 「なによりも命を大切にする社会をめざして。」

 「命の重さ尊さの再認識を、被害者には誠意ある暖かい手を」

 「すべてはひとのために!」

 「憲法13条『すべての国民は、個人として尊重される。』が、行政においてすら実現されない現実に憤りを覚えます。原告の皆様に、せめて心の平穏が訪れることを、心より祈念します。」

 「いろいろと難しい面を含んだ問題かと思いますが、罪のない人が薬害によって苦しんできたということも紛れもない事実。解決に向け着実に前進していくことを願って止みません。」

 「健康という大切なものを求めた治療。それを安心して受けられる、みんなにとっての明るい未来のために、過去の誤りを正当に評価し、教訓として活かすことが、現在を生きる私達全員の責任だと思います。」

 「原告、そのご家族、そして薬害の被害にあわれた一人一人の患者さんが、その苦しみや不安から解放されますように、心から祈っております。国や製薬会社の誠意ある対応を切に願います。今回の集会をはじめとする活動が実を結びますように。」

 「信頼した医療に裏切られただけでなく、逆に苦しめられてしまう。それも長く深く・・薬害にあわれた人達やその周りのかたがたの無念さは計り知れません。この苦しみを少しでも取りのぞけますように、心からお祈り申し上げます。」

 「恥ずかしながら今まで耳にしたことはあるものの、事実・内容について何も知りませんでした。今後も広く周智して頂いて、全体的な意識の高まりによって本件の早期解決に繋がればと思います。これを機に自分も何かの役に立てないか考えてみます。審判によって被害に遭われた方の全ての問題が解決するわけではありませんが、一つの大きな分水嶺であることは 間違いなく、皆様の活動が早期に結実することを祈念します。」

 「長いものには巻かれない、寄らば大樹の陰には入らない、一人一人が良識と責任を持って判断する世の中に!」

 「薬害の撲滅とともに明るい笑顔があふれる社会の到来を切に期待します」

 「後輩からこの会の存在を知り、メールしています。皆さんにとってよい結果になることをお祈りしています」

 「薬害肝炎は人災です。このような人災を繰り返さない社会に!」

 「薬害の連鎖を断ち切ろう!」
 
 「国が護るべきは国民の生命。薬害が発生したのならまず救済を!先進国らしく」

 「人の命を大切に 企業優先ストップ」

 「国と製薬会社は責任をはたせ!」

 「国はいつまで同じことをくりかえすのか」

 「断固追求、国の責任」

 「いつかきっと明るい光が。」

 「当たり前の事を当たり前に行動できないヒト・会社・自治体・・・がまだまだ居ますね。ほんの一握りのヒトなんでしょうけど。今回の訴訟も国や製薬会社に認める勇気を期待してやみません。みなさん頑張ってください。」

 「私は環境問題の研究者です。医療の現場でどのようなことが行われて、どのような治療や副作用があるのか、患者本人が詳しく知るのは難しいことです。 事態が明らかになり、適切な対策がとられるのは被害が拡大した後だという構造は、環境問題と全く同じです。事前の防止措置は、情報や技術、許認可権を持つ企業や行政にかできません。訴訟が問題の本質を明らかにし、社会の安全装置としての機能を果たすことを切に希望します。」

 「二度と悲劇が起きぬように、誠実な対応を望みます」

 「私も過去に血液製剤を投与されたことがあり、この問題は他人事とは思えません。
 また一生健康を失うことへの恐怖や悲しみの深さも少しはわかります。
 だからお願いします。あなたも想像力を働かせてください。
 そして・・・どうかすべての被害者に救済の手を!
 これからの日本のあり方が問われていると思います!」

 「出産という人生の中でも最大の喜びの出来事のひとつが、薬害のせいで一転して生涯続く苦しみとなってしまった方が大勢いらっしゃることに深い悲しみと怒りをおぼえます。国・製薬会社はせめて誠実な対応をもって償いをすべきだと思います。」

 「C型肝炎といえば、○○さんがそうなので人ごととは思えません。私も応援します!勝利めざして頑張ってください!」

 「この国は何時になったら人の命の大切さを考えるのでしょうか。一人一人の思いが大きな動きを起こしていけますように」

 「元に戻してくれなどとは言っていない。国と製薬企業に今からでもできる事を求めているだけ。被害者の生命を踏みにじったのが国と製薬企業であり、被害者にせめてもの平穏をもたらすことができるのも国と製薬企業。全ての被害者に恒久対策を!」

 「薬害という人災が無くなるように」

 「事実を知れば知るほどにこみ上げる怒り HCVに汚染された血液製剤を投与された被害者の皆様に心からお見舞い申し上げる
 斯く言う私は医療により生命を救われ、医療の失敗も被り、また別の病とは一生付き合わねばならぬ身だからこそかかる薬害を看過できない思考力において幼稚、判断力において不健全、道徳水準において劣悪な国及び製薬会社は責任を認め、速やかに被害者を救済すべし
 裁判所も自身の役割を放棄するがごとき法解釈をすることは許されない
 リレー集会が成功することを祈念して」

d0081819_084728.jpg
すずかけ法律事務所のくまちゃんも応援メッセージを書きました。
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-09 00:00 | 東京から
<< 9月9日薬害肝炎リレー集会ファ... 9月8日 なめたらあかんぜよ、... >>