薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9月8日 なめたらあかんぜよ、厚生労働省
9月8日、原告団・弁護団は、厚生労働大臣に「直訴」すべく厚生労働省に向かいました。
が、入口で入館を拒否され、大臣はおろか、陳情窓口である大臣官房、肝炎訴訟の所轄である医薬食品局の副作用対策室のいずれにも面談を拒否されました。
d0081819_11271846.jpg
d0081819_11255136.jpg

結局、大臣面談要請書を大臣官房に手渡しただけですが、それすら大臣に渡すことを確約していただけませんでした。

そして、17時前、国が控訴したという情報が入りました。

この数ヶ月、厚生労働省は大型集団事件で負け続けています。トンネルじん肺、原爆症認定、そしてこの薬害肝炎で2敗ずつ、さらに、予防接種B型肝炎最高裁判決です。
このうち、最高裁で判決が確定したB型肝炎以外の各事件(いずれも一審判決)では、いずれも大臣は面談に応じず、粛々と控訴するという状況が続いています。

私は、このような状況を、弁護団員という立場を超え、一人の国民として大変憂います。
厚生労働省にとり、敗訴事件をどう解決していくか、というのは一種の危機管理です(しかも国民が現在進行形の被害に遭っているのです)。
この状況において、まともな応対すらせず機械的に控訴していく。
この不作為・思考停止・先送りの姿勢こそ、まさに薬害発生の人的・構造的要因に他なりません。

担当者にとって、被害者と向き合うことは精神的に辛いことかもしれません。
が、その程度の「汚れ役」を担えないような官僚が、どうして利益追求をもくろむ製薬企業に対し規制権限を行使出来るのでしょうか。
近年色々と危機管理が言われていますが、こと厚生労働省については何も変わっていない、薬害発生の土壌は今も変わらず受け継がれている、と評価せざるを得ません。

今後、上記各事件の関係者と連携を取り、肝炎単体の問題としてのみならず、この国の行政の構造的な問題点という位置付けで、本日の対応を問題提起していきたいと考えています。

なめたらあかんぜよ、厚生労働省。

(東京弁護団・のま)
[PR]
by kanen-relay | 2006-09-08 23:00 | 東京から
<< 9月9日薬害肝炎集会「ハンカチ... 9月8日 薬害肝炎全国原告団代... >>