薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9月9日 薬害肝炎リレー集会ファイナル!報告その3
東京の支援の大学生さんたちからの報告です。
みんな、がんばってくれました!
学生さんたちのがんばりがなければ、この集会の成功はなかったです。
本当に熱い学生さんたちです。

     ★  ☆  ★  ☆  ★
 
今回の集会で感じたのは、「被害の重さ」「たくさんの仲間」です。

原告の被害を聞いて、
改めて国・製薬企業の責任の重さを感じ、
同時に、支援活動の原点を思い起こしました。

原告が、こうして勇気をもって被害を訴えなければ、
私が支援活動をすることは、なかったであろうし
全国で、こんなに多くの仲間が集まることもなかった。
2000枚近くものハンカチも、リレー集会も、
こうして集まった仲間がいなければ、実現することは難しかった事でしょう。

勇気をもって被害を訴える「原告」がいて、
それにこたえて戦い、支える多くの「弁護士」「支援者」がいる。
三者が「仲間」となり大きな力となる。

こんな、当たり前ではあるけれど、大切なこと
を肌で再確認することのできた、とても良い集会だったと思います。

これからも、もっともっと多くの人にこの問題を知ってもらい、
支援の輪を広げていきたい。心からそう思いました。
これからも、力を合わせてがんばりましょう!

(HEARTS共同代表・中央大学法学部2年 大和田野陽子)


     ★  ☆  ★  ☆  ★

開始のギリギリまで続いた準備につぐ準備。ほぼ一週間前から連日続いた打ち合わせは緊張と焦燥ばかりでした。

HEARTSで主にやることになったのは、会場とパレードの装飾です。大きく目を引かれることになったこころくん人形や垂れ幕は、学生が一人一人役割分担して力をあわせて作りました。個人的に裁縫が大の苦手だった僕は買いだしに徹しましたが…。

集会での僕のセリフは、支援活動の経緯についてでした。ちょっとマイクのトラブルがあって台本どおり読めませんでしたが…。

予想外のできごとだったので、「失敗させちゃったかな」と不安になりましたが、終わってからたくさんの方からお誉めの言葉をいただけたので、ほっとしてます。
とにかく「急」の連続でしたが、その分、東京の結束力を高められたと実感しました。

判決まであと数カ月。HEARTSは今後もより一層、邁進していきます。

(~HEARTS~薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会 2年 栗原賢一)


     ★  ☆  ★  ☆  ★

今回の東京リレー集会で繰り返し叫ばれた「決して他人事ではないのです」という言葉に、この薬害という問題の重大さに改めて気づかされました。

そしてそれは、この問題が誰にでも起こり得るんだという意味だけでなく、支援する気持ちさえあれば誰にでも救済を勝ち取るべく一支援者になれるんだ、という思いも込められていることを、会場に集められた何千ものメッセージハンカチが1つにつなげられたとき、全員で共感し合えたのではないかと思います。

またパレードでは、一生懸命に行進する原告たち、一心不乱にビラを配りまわる支援者たちの姿に、一支援者である自分もまた大変勇気付けられました。

薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会に所属して約一年半活動をしてきましたが、やはり原告・弁護士・支援者・学生全員の思いがひとつの形となってあらわれるときは、感慨無量の瞬間です。

そして全国原告団代表の山口美智子さんの言葉通り、今回の集会は新たなスタートになったと思います。

何代にも続いて活動してきた東京学生の会も、1つの節目となる判決に向けて、これからの活動によりいっそう気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

(明治大学法学部3年 谷口貴章)

[PR]
by kanen-relay | 2006-09-11 12:30 | 東京から
<< 9月11日 ハンカチ伝道師から... 9月9日 薬害肝炎リレー集会フ... >>