薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


9月19日 東京 裁判期日でした!
 9月19日午後1時から、東京地方裁判所で第5次提訴原告の初めての期日がひらかれました。
 第1次から第4次提訴までの原告さんが、いよいよ判決を待つだけとなった中、新しい原告さんをむかえて、また新たな裁判闘争の始まりです。

 
 お昼休みには、裁判所前で恒例のミニ集会もあり、集まった原告団、弁護団、支援者の方からは、「いよいよ東京の番(判決)だ、頑張って盛り上げていこう。」という熱気で溢れるものとなりました。


 さて、肝心の裁判の内容ですが、原告を代表して原告23番さんが、弁護団を代表して弓仲弁護士が、裁判所に対し意見陳述を行いました。 

 原告23番さんは、出産時の出血のためフィブリノゲン製剤を投与され、C型肝炎に感染した方です。
 原告23番さんはC型肝炎に感染して働けなくなり、病気も肝硬変まで進行してしまいました。インターフェロン治療を受けて現在はウイルス陰性となっているものの、肝硬変は治ることはなく、再発の不安を抱えたままの生活を続けておられます。

 時折涙をこらえながら2年間に及ぶインターフェロン治療の副作用との闘いを振り返り、「治らなければ、生涯、この副作用に耐えて生きていかなくてはならない。」という絶望感を語る姿、また、力強い声で「(国や製薬会社に)逃げないで患者と向き合ってください。」「(裁判所に)東京で全面解決への道を!」と迫る姿がとても印象的でした。

 期日後の報告集会では、初めて参加された方々からも、「(原告の話を聞けて)良かった。」という声があがりました。
 最初は弁護団からの意見陳述のお願いに尻込みしていた原告23番さんも、原告団や支援者の輪にすっかり溶け込んで、終わった後は(やってよかったという)笑顔で、無事大役をはたされました。
 お疲れさまでした。

 続いて弁護団を代表して弓仲弁護士が、大阪、福岡両判決によって明らかとなった国及び製薬会社の責任を指摘し、徒に争いを続ける両者の姿勢を厳しく糾弾されました。
 私たちの訴えで裁判所の良心をよびおこし、東京判決では大阪、福岡の水準を上回る画期的な判決を期待したいものです。

 今回は、初めて傍聴される方にも一から理解できる易しい内容の期日となりました。
 東京では、次回期日以降、第6次提訴の原告さんの審理も始まる予定です。
 気持ちも仕切り直して、頑張りましょう。

(東京弁護団・篠原)


【原告23番さんの意見陳述・抜粋】
 私は、肝炎になることも知らされず、この薬を投与されました。「自分が悪いわけでもないのに、どうしてこうなってしまったのだろう、他に方法がなかったのだろうか?」というもどかしさはずっと残ったままです。急性肝炎を発症して入院した時も、「これといった治療法がないんです。とにかく安静にして下さい。」と説明されたくらいで、この病気に対する情報も殆ど得られませんでした。

  国は、この薬でどんなに酷い病気に感染するかを、きちんと説明せず、誤魔化してきたように思います。

  製薬会社は、この薬で患者が受けている苦しみを逃げないで見て欲しいと思います。 
  「泣き寝入りをするべきではない、『悪いことは悪い』と誰かが声をあげて言わなければならない。」と思い、この訴訟に参加することを決意しました。

  経済的な理由で治療を受けられず肝炎を悪化させる患者がなくなるように、安心して治療を受けられる社会にして欲しいと思います。


[PR]
by kanen-relay | 2006-09-19 00:00 | 東京から
<< 9月24日 朝日新聞「ひと」欄... 9月16日 仙台から九州に参加して >>