薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


10月22日 この先の闘い
めっきり寒くなりました。 
ふと、母から受け取った手紙を思い出しました。今年の春のものです。
《紅白の梅の花が咲いて、ゆきこがお婆ちゃん、花が咲いたら、今年もカメラに修めたいからと、多忙の間を時間を作ってパチパチとカメラに修めている姿を見たときは哀れに想えてなりませんでした。

夕食はお婆ちゃんの炊き込み御飯が食べたいと云はれたので、大急ぎと作ってあげたらお婆ちゃんの美味しいねと云って、のりひろのお土産として漬物と一緒に持たせましたら、のりちゃんから、おばあちゃんの粕漬けすごく美味しいよと電話がありました。

明日も之をたべていくよ、これ本当に美味しいんだもんと。 姉弟二人で一生懸命頑張っている姿を玲子は喜んで呉れているだろうか......言葉になりません。》

母の家は花がいつもにぎやかです。 亡くなった姉はその家が好きでした。
亡くなる数年前は時々来ては母のベッドで横になっていたと聞いています。
四季折々、母の庭の季節の花のにおいを嗅いで居た事も思い出します。

姉の命の終焉は、子供達も86歳の母親も母親代わりの上姉も人生を変えさせられました。
みな、未だに亡くなった事を受け止められないまま時間が経っています。

遺された者がやる事、それは姉からしっかりバトンタッチされた事、
本人が《冗談じゃない。!》を云いたかった国・製薬会社に裁判で勝つこと、
重篤が30年先でなくても、あるのだという事実を話していく事。
闘いを長引かせないよう、医療の道を訴えていく事。

・・・・でも、・・・・姉は戻って来れない。 
子供達に母親を返してあげられない。

(東京原告13番の妹)

[PR]
by kanen-relay | 2006-10-22 00:00 | 東京から
<< 10月30日 高校生からも「C... 10月7日の町田の肝炎患者会にて >>