薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


11月1日 東京判決に向けて
私は、この頃いろんな事を思い出します。

肝炎になる前の明かるく元気で、子育てに夢中だった頃の事、自分が病気になるなんて、夢にも思っていませんでした。

そして、19年前、病院のICUのベッドの上で、死と向き合っていた時の事、“死ねない、絶対死ねない、三歳の娘を残して死ぬもんか”と思っていました。

病気と闘い、晴れてICUを出た時の喜び、これからの人生悔いのない様に生きて行きたいと心に決めました。

でも、それは夢でした。C型肝炎に罹っていたから・・・

医師からその事を告げられた時の驚きと失望は忘れられません。
それからの19年間は、肝炎との闘い、進行への恐れ、失望、あきらめの繰り返し、私だけではなく、家族の思いも同じでした。

すべては“フィブリノゲン”のせい。
この事を知った時の怒りと、悔しさ、取り戻す事のできない時間の尊さを思うと涙が流れます。

今は、残された時を、あきらめではなく、希望と安心に満たされて過ごしたい。

東京判決に託したい。

(東京原告17番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-11-01 00:00 | 東京から
<< 11月の薬害肝炎に関する活動ふたつ 10月30日 高校生からも「C... >>