薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


11月27日 肝炎被害は人災です
私の人生の中で感染してから今に至るまでの20年間以上を振り返ると、その時期が生涯の中で一番苦しく辛かったと思います。
家族にも同じ苦しみを与えてしまいました。
一時期生きる気力を失った時期もありました。

そして裁判の原告に加わり、裁判を通じ人災であった事を学びました。
国民の生命健康を守るべき立場にある国の対応として、到底許されない、許せないことです。被害をいつまで放置しつづけるのでしょう。
国が肝炎対策を取ってこなかった、そして技術者の気持ち一つで防げた薬害です。

国と製薬会社に向けて声を挙げていいたいです。

この血液製剤が効果がない危険な薬だと思った人はいないのですか。
自分達の組織を守るために、何も言えないのですか。
この判決がおかしいと思う人は一人もいないのですか。
勇気のある人は一人もいないのですか。

東京判決が近づいています。
今いろいろな活動に参加し、原告は忙しく頑張っています。
弁護団、支援者、原告と一体になって運動を盛りあげ、
一日も早く解決することを願っています。

そして世論に訴えていくことによって、感染を知らずにいる人が一人でも多く検査を受けていくことで、早期に治療へとつながるようにしてほしいと思います。

この裁判に勝つ事によって全被害者が救われることが出来るかもしれません。
東京判決での公正な判決を下されることを求めます。

(東京原告10番)

[PR]
by kanen-relay | 2006-11-27 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎第2陣の期日が決まりました 11月10日 聞け、厚労省よ!... >>