薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


うつる病気でしょう・・・
d0081819_23111074.jpg今日は、千葉県在住の実名原告・久野郁子さん(48)からのメッセージです。

久野さんは、2007年1月16日(火)の裁判でも、法廷で意見陳述をされます。
不安な気持ちに負けずに実名公表された久野さんの肉声を、ぜひ裁判所まで聴きに来てください!



私は、医療関係の仕事をしたい、結婚しても子供ができても続けていけるような仕事をしたいと考え、養護教諭と歯科衛生士の資格を取得し、歯科大の大学病院に就職しました。

そこで、院内感染の予防のために、肝炎という病気がどんなものかを学び、感染予防のための対応の仕方を教えられました。肝炎がとても怖い病気であるが、気をつけていれば感染することはないだろうと思っていました。でも、他人事ではなかったのです。

1988年、第2子出産の際、大量出血のため、産婦人科医から輸血ではなく血漿製剤を使用すると説明がありました。薬ということと、医師を信頼して私は承諾しました。

産後3週間目あたりから、異常なだるさを感じました。そして、尿の色の変化に気がつき、黄疸がではじめたことで肝炎だと思いまいした。

肝炎のこわさ、差別・偏見があることを知っていましたから、肝炎だと認めることが恐怖でした。

どんどん体調が悪くなり、産後35日目に内科を受診して急性肝炎と診断され入院となりました。すぐ、産婦人科医に「あの血漿製剤が原因で肝炎になったのでは」と問いましたが、「加熱製剤だから肝炎は大丈夫のはずだが」という応えでした。

歯科衛生士として仕事をしていて、感染するかもしれないという覚悟はありましたが、まさか安全である薬によって感染するとは思いもしませんでした。

入院中安静にしていると、慢性肝炎、肝硬変、肝がん、そして死という肝炎の怖さがおそってきます。私は運が悪かったのだと思うしかありませんでした。製薬会社を恨みつつ、個人では何もできないことを感じました。くやしさばかりでした。

退院後、定期健診でしばらく肝機能が正常な時期が続き、私は肝炎を克服したと思っていました。肝炎を甘く見ていたのです。

4年後、仕事に復帰しようと就職活動を開始し、内定をもらった時、定期健診で慢性肝炎に進行していることがわかったのです。症状はありませんでした。

働いてもいいと許可は出ていましたが、就職先に迷惑をかけてはいけないと正直に慢性肝炎のことを告げると、それまで好意的に話をしてくれていた方に、「えー。肝炎ってうつる病気でしょう。働かないほうがいいのでは」と言われたのです。

不安な心の中にその言葉は突き刺さりました。私全部が否定されたようでした。
その夜、就職を辞退しました。

仕事を続けたいと思っていましたので、別の面接を受けることにしました。そこで、私から話していないのに「あなたは、肝炎ですよね」と言われたのです。

私が肝炎に感染していることがもう流れていることに怖さを感じました。ずっと続けたいと選んだ歯科衛生士という仕事が、肝炎という理由で続けることができないのかと落ち込みました。

内科医にインターフェロン治療をすすめられ、治るのであればと、副作用も覚悟で慢性肝炎といわれて4ヵ月後には治療を始めていました。辛いインターフェロンが終わり、肝機能は正常に戻すことができましたが、ウィルスを消すことはできませんでした。残ったウィルスに脅えながら慢性肝炎と戦う17年でした。


昨年、ウィルスが消えたと言われ、ようやくまわりが見えました。
被害者がもっと苦しい思いをしていること、カルテがないために原告になれない方がたくさんいることを知りました。

黙っているべきでないと思っても、まだ勇気がない私に、「今、話さなくていいのか。話さなければもっとたくさんの方が亡くなってしまうのではないのか。」と主人が背中を押してくれたのです。

私たち被害者は薬害とも知らずに何年も放置され、そのあいだにどんどん肝炎は進行しました。そして、これから時間を延ばしていくうちに、私たちの病状はさらに静かに進んでいくのです。

国や製薬会社は私たちがどうして肝炎になったのかをきちんと見極めなければ、また、このような被害が繰り返されるかも分かりません。

医療の現場にいて、肝炎を知っているつもりでいたのですが、自分が肝炎患者になって、はじめて患者の苦しさがわかりました。
症状だけでなく、偏見に対する不安、病気の進行への不安、医療費の不安など精神的な辛さも大きいのです。

幸い、私は早期発見、早期治療ができ、元気になれました。
まわりに家族を含め、支えてくれる人がたくさんいて仕事も続けることができましたが、病気になって一番不安なときに医療者からいわれた「うつる病気でしょ」という一言が消えません。
何をするときにもフッと浮かび出てくるのです。
病気をうつすかもしれない人が医療の場にいていいのかと言われそうで、ずっと今もビクビクしています。

その気持ちを振り払うためにも、実名公表という立場を選びました。
名前を出して被害を訴えることで肝炎患者の気持ちを少しでも多くの方に理解していただければと思います。

(東京原告・久野郁子)

[PR]
by kanen-relay | 2006-12-21 00:00 | 東京から
<< 実名原告・山本さんから「早期解... 実名原告・平井要さんからのメッセージ >>