薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


新年のご挨拶~原告より
新年あけましておめでとうございます。

昨年は原告の皆様、弁護士の皆様、支援の皆様、大変お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

昨年6月に大阪、8月には福岡と判決が言い渡され、満足しておりませんが、勝訴判決が続きました。
そして今年の3月23日には、いよいよ東京で判決が言い渡されます。

昨年8月の結審の時には遅くとも年明け早々には判決が出るものと思っていましたが、判決日がなかなか決まりませんでした。
途中、気が緩みそうになりましたが、同じ原告の方と励まし励まされたりしながら、色々な活動に原告全員で頑張ることができました。
私一人では小さな力ですが、原告、弁護士、支援の皆様と一緒に活動することにより、大きな力となり、自分のため、全原告のため、そして全ウイルス性肝炎患者のためにも、満足できる勝訴判決を勝ち取り、全面解決の足がかりにしたいです。

私は肝炎に感染して今年で25年になります。
最初は肝炎に感染してしまったことは仕方が無かったのだと考えていました。
しかし、最初からフィブリノゲン製剤を投与されていたことを知っていたら、そんな事は考えなかった。
色々なことをあきらめたり、人生も遠回りしたと思う。
霞ヶ関に何度通ったのだろう。そして被告側の言葉に、何度いやな思いをしたことか。。。
いよいよ、その裁判に判決がくだされます。

原告の皆様、今年も一緒に頑張っていきましょう。
弁護士の皆様、いつもありがとうございます。
支援の皆様、今年は皆様と喜びを分かちあいたいと思っております。

新たな年を迎え、今年は肝炎患者にとって大きな年になることは間違いありません。
本年もよろしくお願いいたします。

(東京原告21番)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-01 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎東京判決・前夜集会のご... よくがんばりました、さらにがん... >>