薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


毎日新聞より、学生支援者の活動
昨年のことですが、薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTSの活躍について、毎日新聞で報道されていました。

薬害C型肝炎訴訟:学生が支援訴え 新宿でチラシ配布 /東京
12月24日11時2分配信 毎日新聞

 汚染された血液製剤でC型肝炎ウイルスに感染した患者が国と製薬会社の責任を問う「薬害C型肝炎訴訟」で、サンタに扮(ふん)した大学生たちが23日、新宿駅西口で肝炎問題を紹介するチラシを配り、裁判への支援を訴えた。
 同訴訟を支える東京学生の会(会員約60人)が毎年クリスマスに合わせて取り組んでいる活動で、3回目。会のメンバーや裁判の原告ら約15人が参加。サンタに似せた赤い法被姿で約500枚のチラシを配り、「C型やB型の肝炎患者は全国で推計約350万人。決して人ごとではありません」と呼びかけた
 C型肝炎訴訟では今年6月と8月に国と製薬会社の責任を認める判決が大阪、福岡両地裁で相次いで出されており、来年3月には東京地裁で3例目の判決が出される。参加した学生の会共同代表で中央大法学部2年の大和田野陽子さん(20)は「多くの人に、国の理不尽な薬事行政の問題を知ってほしい」と話し、東京地裁訴訟の実名原告で千葉市の歯科衛生士、久野郁子さん(48)も「薬害の被害者をこれ以上出さないために支援を広げたい」と訴えた。【江刺正嘉】

12月24日朝刊


(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-06 00:00 | 東京から
<< 新年のご挨拶~弁護士より 薬害肝炎東京判決・前夜集会のご... >>