薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


1月16日弁論期日~久野郁子さん意見陳述
1月16日は第6次提訴原告(3月23日判決対象外の原告)の第1回弁論期日でした。

期日前に行われた裁判所前集会には、本日の法廷で意見陳述をされる実名原告の久野郁子さん(48、千葉在住)を応援しようと、薬害肝炎原告、支援者、弁護士らが集まりました。北海道からも原告さん2名が駆けつけてくれました!

薬害肝炎を支援する会HEARTSの栗原くんが、学生支援者を代表して、久野さんに激励のプレゼントを手渡しました。写真はプレゼントのメッセージキャンドルを受け取った久野さんです。
d0081819_23235285.jpg


歯科衛生士である久野さんは、法廷で、「医療従事者として、肝炎のこわさ、差別・偏見があることを知っていましたから、肝炎に向かっていく過程は恐怖でした」「病気をうつすかもしれない人が、医療の現場にいていいのかと言われそうでビクビクしていた」と、感染被害を訴えました。

また、就職の内定先であった歯科医院から「肝炎ってうつる病気でしょう」と言われ、不安な心の中をえぐられ、就職を辞退せざるを得なくなった経緯を述べるときには、涙声になっておられました。

d0081819_2313212.jpg期日後の記者会見の様子は、写真のとおり。

写真には写っていないのですが、テレビカメラ4台のほか、ハンディ録画カメラ、写真カメラも複数入り、総勢30名ほどの記者・報道関係者が集まりました。3月23日の東京判決を前にした関心の高さを伺わせました。

報告集会も、会場は満席でした!
これから東京判決に向けて、盛り上げていきましょう!

(東京弁護団・まつい)


追伸:報告集会の様子について、以下は東京原告18番さんの報告です。なお、東京原告13番さんは、提訴後に肝がんで死亡されています。

私の隣に(原告)13番さんのお嬢さんが座ってらして…又新たな悲しみが直に伝わって切ない気持ちになりました。そしてこんなに若いお嬢さんを残して逝かれた13番さんに想いを馳改めて怒りが湧いてきました。怒りを持ち続けるのもかなり疲れますが、これから判決が下る3月迄頑張って行こうね!

[PR]
by kanen-relay | 2007-01-16 23:00 | 東京から
<< 1.薬害肝炎訴訟の3大論点 1月13日朝日新聞・私の視点~... >>