薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎名古屋訴訟の結審
薬害肝炎名古屋訴訟が結審しました。
東京から、久しぶりに参加しました。

判決の言渡しは7月31日(火)午後2時00分に指定されました。
3月23日に東京判決がありますので、
今年は、春休みも夏休みも、薬害肝炎ということになります!

さて、今日の結審期日では、実名原告の金田和子さん、名古屋原告9番さん、名古屋弁護団代表の柴田義朗弁護士をはじめとする弁護士7名が、薬害肝炎の被害を訴え、また、国と製薬会社の法的責任について、意見を述べました。

87年にフィブリノゲン製剤で感染した原告9番さんは、プライバシー確保のために、代理人席と傍聴席とのあいだに遮蔽板をおき、傍聴席からも姿が見えないようにした状態で、意見を述べられました。誰にも肝炎であることを知られたくないという強い思いを、「遮蔽板」という物で見せられ、あらためて差別や偏見に対する恐れ、被害の深さを感じました。

原告9番さんの意見陳述の中で、肝がんになるかもしれない不安を抱え、最近では「私が死んだら、という言葉が出る」、フィブリノゲン製剤を投与されてきたときに生まれた「息子が『いろんなことを我慢してきたよ』というのを聞いて、家族も被害者だと思いました」という言葉が印象的でした。

原告金田和子さんは、これまで法廷で一度も話すことのなかったご自身の辛い辛い過去の体験を、結審にあたり初めてお話しされました。その姿は、裁判長に向かって、まさに自分の全人生をつきつけるものでした。

この裁判には、いのちが懸かっています。
いのちの尊さを見据えた判決を出して欲しい。

・・・金田さんの言葉です。

この言葉に正面から応える判決を出すことこそが、今の司法の役割です。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-23 22:00 | 東京から
<< 2.薬害肝炎訴訟の証人はどういう人? 南国からのつぶやき >>