薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


2.薬害肝炎訴訟の証人はどういう人?
薬害肝炎訴訟では、原告側7名、被告側9名の証人尋問が行われました。うち2名は製薬会社の社員でしたが、その余の14名は医学・薬学の専門家証人でした。総勢16名の証人尋問は、東京地裁だけで行なったものではありません。全国5地裁で分散して尋問が行なわれました。

では、東京以外の4地裁で行なわれた尋問の内容を、東京地裁の裁判官は、どうやって知ることができたのでしょうか?
それは、証人尋問調書を利用して行われました。証人尋問を行ったときには、裁判所は、証人尋問における質問と回答の発言一語一句を書き起こした「証人尋問調書」という書類を作成します。大阪・福岡・名古屋・仙台で行った証人尋問については、東京地裁に、この証人尋問調書を証拠として提出しました。

証人尋問の様子については、薬害肝炎関連のサイトのリンクを貼りましたのでご覧下さい。
また、取材・研究のために証人尋問調書をご覧になりたい方は、薬害肝炎弁護団事務局までご連絡下さい。

【原告側証人】
・ルウェリス・バーカー(東京)
元米国FDA血液及び血液製剤部長、ウイルス学専門
米国FDAの血液製剤再評価の経緯・医薬品の有用性評価について証言 [1] [2] [3]

・飯野四郎(大阪、東京)   
元聖マリアンナ医科大教授、清川病院院長、肝臓専門
肝炎対策に関する有識者会議メンバー
肝炎の重篤性に関する過去・現在の知見について証言 [1] [2] [3]

・大林明(東京)
元国立療養所東京病院、肝臓専門
厚生省特定疾患難治性の肝炎調査研究班メンバー
肝炎の重篤性に関する過去の知見について証言 [1] [2]

・大内清昭(仙台)
元東北大学医学部附属病院、肝臓専門
肝臓専門医院経営
肝炎の重篤性に関する現在の知見について証言 [1]

・衣笠恵士(福岡)
元都立墨東病院院長、血液学専門
フィブリノゲン製剤再評価委員
フィブリノゲン製剤再評価の経緯・医薬品の有用性評価について証言[1] [2]

・椿広計(福岡)
筑波大学教授、統計学・医薬品評価専門
医薬品の有用性評価について証言 [1]

・飯塚敦夫(名古屋)
元神奈川県立こども医療センター、小児血液学専門
小児科医院経営
第IX因子製剤の有用性について証言 [1] [2]   

【被告側証人】
・矢野右人(福岡)
元国立病院長崎医療センター長、肝臓専門
肝炎の重篤性に関する過去の知見について証言 [1] [2] [3]

・真木正博(東京)
元秋田大学教授、産婦人科専門
フィブリノゲン製剤の治験担当者
フィブリノゲン製剤の有用性について証言 [1]

・寺尾俊彦(福岡)
浜松医大学長、産婦人科専門
フィブリノゲン製剤の有用性について証言 [1] [2] [3]

・小林隆夫(大阪)
元浜松医大助教授、信州大学教授、産婦人科専門
フィブリノゲン製剤の有用性について証言 [1] [2] [3]

・清水直容(福岡)
元帝京大学教授、医薬品評価専門
医薬品評価について証言 [1] [2]

・有本亨(大阪)
元厚生省薬務局職員
当時の厚生省の医薬品評価について証言 [1] [2]

・藤村吉博(東京)
奈良医大教授、血液学専門
第IX因子製剤の有用性について証言 [1] [2]

・柚木幹弘(東京)
三菱ウェルファーマ社員

・稲田俊(東京)
日本製薬社員
[PR]
by kanen-relay | 2007-01-27 00:00 | 薬害肝炎ミニ講座
<< 薬害肝炎訴訟で原告支援の会結成... 薬害肝炎名古屋訴訟の結審 >>