薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


判決を2ヶ月後に控えて
 2002年10月に提訴した薬害肝炎東京訴訟も、2007年3月の判決を待つのみとなりました。提訴から4年3ヶ月がすぎ、いよいよ判決を2ヶ月後に控えています。

 提訴から4年以上の年月を振り返ってみると、長かったような短かったような複雑なものがあります。d0081819_1171521.jpg

 提訴時、私は大学3年生で、保険診療でできるようになったばかりの「インターフェロンとリバビリン併用療法」を受けていました。教育実習で「教師になりたい。」という明確な目標を持つことが出来、治療によってウィルスをなくしてから教員採用試験にいどみたいと考えての治療でした。治療前に、「治癒率1/3程度」と説明を受けていましたが、リバビリンとの併用療法が登場する前は、「治癒率8%程度」と説明されていたので、1/3に入るべく、まじめに治療を受けていました。しかし、ウィルスは消えませんでした。あれから4年が過ぎ、私は大学を卒業し、教員採用試験のための勉強を続けながら、仕事をしています。

 提訴をし、裁判が始まって、いろいろなことがありました。意見陳述、大学に講師として呼ばれての勉強会、学生の会主催のイベントへの出席、原告本人尋問・・・。肝炎という病気になったのは不幸でしたが、裁判を通じて、私のせまい交友範囲ではぜったいに知り合うことが出来ないような方々とお話をすることが出来ました。それが、20代前半の私にとって、よい刺激になりました。

 肝炎をめぐる状況もかなり変わりました。私がかかっているC型肝炎についていえば、インターフェロンの少量長期療法や、ペグインターフェロンとリバビリンとの併用療法が登場し、治療成績は上がりました。また、2006年の予防接種後B型肝炎訴訟最高裁判決、薬害肝炎訴訟大阪地裁判決、福岡地裁判決で原告団勝訴の司法判断が下り、マスコミで大きく取り上げられたことから、肝炎という病気や肝炎に対する国の政策についても理解が広がりつつあると思います。

 東京地裁において勝訴の判決を勝ち取り、それを手に厚生労働省と話をしたいと思っています。治療や、検査体制など話し合うことは山積していますが、私は就職試験における内定前の血液検査廃止を訴えたいと考えています。私が受験した教員採用試験では、二次試験に血液検査が課され、肝機能などを調べられます。私は昨年の試験で「要精密検査」となり、ウィルス量やウィルスタイプなどを申告するように求められました。教員の仕事と、ウィルス量やウィルスタイプはまったく関係がないのに、です。C型肝炎が影響しているかどうかは分かりませんが、今年の結果は「不合格」でした。

 2007年3月の勝訴判決によって、私たち原告団、弁護団、患者会、支援する会、学生の会のがんばりが報われるように祈るばかりです。私も、3月に向けてできることからすこしずつはじめたいと思います。
(東京原告11番)


d0081819_1134520.jpg


写真撮影=東京原告11番

東京原告11番さんは、20代の男性です。赤ちゃんのときに、第IX因子製剤を投与され、C型肝炎に感染しました。写真は、「こころ和む写真」を選んだとのこと。「虹」と「夏の無人駅」です。
[PR]
by kanen-relay | 2007-02-01 00:00 | 東京から
<< 2月5日全国一斉提訴により原告... 3.薬害肝炎大阪・福岡ではどん... >>