薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


納得できない。
はじめまして、私は東京原告の一人の原告3番です。

私は今から27年前に生まれたとき、お腹から出血し(新生児メレナ)、その治療として日本製薬のPPSBを使用されました。
その後17年経って、C型肝炎であることが分かりました。
このときは何がなんだか分からず、目の前が真っ暗で、現実を受け入れたくありませんでした。
ちょうど高校生活を楽しんでいる時期で、これからの将来に夢を抱き、私なりに夢に近づけるようにがんばっている時期でした。
今となっては、この事実を知ったときによくグレたり無茶しなかったなぁ~と思うこともあります(まあ、無茶しようにもあまりに田舎なので、今の時期だと夕方5時を過ぎると町並みが寂しく明かりがないので真っ暗なのです)。

d0081819_0385479.jpgこの頃の私はお菓子を作ることが好きで、よく友達や家族にケーキなど作って食べてもらったりすることもありました。
なかなか好評だったはずですが…
美味しいものを食べているとき、人はとてもよい表情をします。
私は美味しいものを作り、たくさんの人に喜んでもらうことが夢でしたが、HCVに感染していることで私の希望する仕事(調理関係)は諦めざるを得なかったのです。

人は必ずしも自分の夢を叶えられるとは限りませんが、努力が実らず夢を諦めるときは自分で納得してから次に進むことが大切だと思います。
ですが、私は製剤を安全なものとして販売した製薬会社、それを安全と認めた国により日本中に売り広められた薬を投与され、体内にウィルスが残った…
これが諦める理由。
納得できない。
しかも国・製薬会社は27年前は危険性は確認できなかったと言っている。
そんなことはないと思います。
責任は誰にあるというのでしょう。
母は自分を責めています。
私を産んでくれた母なのに…
責任を感じて欲しい人たちは責任を逃れようとしています。
何か腹が立つ!

最後に、この裁判で原告の方たちや弁護団の方、支援をしてくださっている方たちに会うことで励まされることが多く感謝しています。
私の住んでいるところでは感染者への理解は乏しく、心細いので、とても心強いです。

(東京原告3番)


写真撮影=東京原告3番

東京原告3番さんは、東北地方に住む20代の女性です。PPSBニチヤクという第IX因子製剤によりC型肝炎に感染しました。
[PR]
by kanen-relay | 2007-02-07 00:00 | 東京から
<< 4.第IX因子製剤で重大な出来... 厚生労働省を更生せよ! >>