薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


はじめまして。東京で裁判をやっている原告番号8番と申します。
僕はクリスマシンの投与によってC型肝炎に感染した原告です。

僕は現在21歳です。1985年(昭和60年)に生まれました。未熟児で生まれ、生まれてからすぐに大きな病院に搬送され、20日間ほど入院しました。入院時に点滴をしていたのですが、点滴針を指していた箇所から出血があったということで、クリスマシンを投与されました。

それから15年後、高校1年生の夏にC型肝炎に感染していることを知りました。新聞にクリスマシンの納入医療機関が載り、親がそれを見て僕を病院に連れて行き、感染が発覚しました。

生まれてから15年間、C型肝炎に感染していることなんてまったく知りませんでした。

感染を知り、何か人生の方向が変わったような気がしました。

C型肝炎はペグインターフェロンとリバビリンという強力な薬を使って治さなければなりません。そのために多額の治療費、時間、強い副作用という重荷を患者は背負わなければなりません。僕の場合は、幸いにも今すぐに治療しなければならないわけではありませんが、いつか治療しなければならない恐怖や不安はあります。

また、言われなき差別もあると言われています。理解ある人ばかりだといいのですが、そうでない人もいるのが現実です。差別が原因で、友人や恋人をなくしたり、希望先に就職できなかったりするかもしれません。

若いC型肝炎患者はきっとこういう悩みを持ち、将来どう生きていくか不安になっている人は多いのではないかと思います。特に、差別。こんな歳で大病して、家族以外誰にも言えない人はたくさんいると思います。僕は家族と、信頼できる友人にしか言っていません。特に誰でも、C型肝炎のことを話すのは難しいと思っています。

3月23日に東京地裁で判決がついに言い渡されます。
去年判決の出た大阪、福岡地裁ではフィブリノゲンを投与された一部の方が勝ち、大きく報道されました。しかし、クリスマシンに関して勝った原告は誰一人いません。そして、クリスマシンを投与された人の多くが新生児です。つまり、今の10~20歳代の患者です。この日にクリスマシンの原告が勝ち、若い患者に救済の光を当ててほしいと思います。

(東京原告8番)


d0081819_20551741.jpg写真=東京原告8番撮影

東京原告8番くんは、いま大学生です。音楽好きで、「写真の内容は、趣味で弾くギターとシンセです。といってもシンセはほとんど弾けませんが(苦笑)」だそうです。

8番くんが感染したクリスマシンという薬は、旧ミドリ十字が製造販売していた第IX因子製剤です。薬害エイズのときの、いわゆる「第4ルート」(非血友病患者に対する投与)でクリスマシンを使われ、HIVには感染しませんでしたが、C型肝炎に感染してしまいました。
[PR]
by kanen-relay | 2007-02-14 00:00 | 東京から
<< 6.米国FDAの承認取消って何? 5.第IX因子製剤の有用性とは? >>