薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


実名原告の地元で支援の輪が広がります
この週末には、実名原告の地元で支援の活動がありました。

【薬害肝炎 in 千葉】

千葉では、訴訟説明会を実施した後、薬害肝炎訴訟を支える会・千葉が発足しました。当日の模様は、東京新聞でも報道されました。千葉日報でも事前報道されました。

東京弁護団の石井弁護士からの報告。
2月17日、船橋商工会議所にて訴訟説明会を開催しました。当日、朝日新聞にも案内が載り、10名ほどの方が出席されました。 千葉県在住の原告番号28番さんと久野さんが訴訟に参加するに至った動機や経緯を話すと、出席者の方々は真剣な眼差しで耳を傾けていました。

訴訟説明会と同じ会場で、「薬害肝炎訴訟を支える会・千葉」の結成総会が開かれました。 久野さん、原告番号28番さんに加え、原告番号9番さん(やはり千葉県在住)も、体調が悪い中、かけつけました。

当日は、呼びかけに応じた医療関係者の方々、千葉肝臓友の会の方々など、約20名が参加され、選出された世話人から支える会の結成を宣言。今後の運動として、ハンカチメッセージ集めと判決前集会、判決報告集会への参加が呼びかけられました。

3月17日には、世話人らと原告らとの間で交流会を持つことになっています。

全体にアットホームな雰囲気で、「地元の支援者に原告らが支えられている」と実感できる結成総会でした。


そして、原告の久野郁子さんからのコメントです。
支える会終了後、参加された女性の方に声をかけられました。
「私は、カルテがなくて、弁護士さんにも相談しましたが原告になることが出来ませんでした。私の分まで頑張ってください。」と涙をためて話をしていただきました。こうして、原告になれるのは一部なのだなと改めて思い、重みも感じました。
少しずつですが、頑張って行きたいです。


【薬害肝炎 in 新潟】

東京弁護団の鮎京弁護士からの報告です。
2月17日、新潟で、民医連薬剤師部会の学習会がありました。薬剤師さんは30名ほど、原告の平井さんご夫婦、支援の会2名、弁護士は中西・鮎京でした。

弁護士説明のあと、平井さんが感染の経緯や生活状況などわかりやすく話され、支援の会ができて本当に嬉しい、と言うとき涙ぐんで声が詰まりました。薬剤師さんは皆熱心に聞かれ、「実際に投与した医師や、私達薬剤師の責任をどう思っておられますか」など質問されていました。

NHKと新潟日報が来てくれて、カメラを回していました。終わって、1時間近く、記者さん達から熱心な質問がありました。先日の街頭宣伝の報道を見て、平井さん宅に、原告になりたいと問い合わせがありましたと言ったら、記者さん達も嬉しそうでした。

今度の街頭宣伝はキーボードを出すそうです。それから、判決が出たら、また平井さんバンドでライブをやると言っていました。新潟に行くたびに、暖かい励ましの輪が広がっていくのを感じて元気をもらって帰ります。

[PR]
by kanen-relay | 2007-02-18 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎仙台訴訟の期日お知らせ... 九州原告・福田衣里子さんを映画化 >>