薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


いよいよ3月23日東京判決が…
 今日であと1ヶ月(28日、4週間)後に、東京判決言渡がせまりました。

 思えば、弁護士である私にとっても、ここまでは長い歳月でした。
 私が血液製剤による病原性ウィルス感染被害のことを知ってから、今年でちょうど20年が経過します。

 1987年、きっかけは薬害エイズ事件でした。抗血友病治療薬として開発された第8・第9凝固因子製剤によって、後にAIDSと呼ばれる奇病に感染するという危険情報が、すでに82年頃から日本でも報道されていたのに、気づきませんでした。すでに安全な加熱製剤に切り替わったあとのこの時期(1987年)に、血友病患者の方々から聞かされて初めてその深刻さを知ったのです。

 第9因子製剤(コーナイン、PPSBニチヤク)が販売開始された1972年から、遅くもクリスマシンが販売開始された76年の間に肝炎対策がなされていれば、薬害エイズ事件は起こらなかったことも知ることになりました。薬害肝炎は薬害エイズのプロローグだったのです。

 私が問題意識を持ち始めた1987年から88年にかけて、フィブリノゲン製剤の集団感染事件も報道されていたのに、気づきませんでした。
 血友病患者たちの間で薬害エイズ事件が問題になった1982~85年に、第8・第9因子製剤以外の血液製剤についても安全対策が見直されていれば、フィブリノゲン製剤の集団感染事件は起きなかったのです。その意味で、薬害肝炎は薬害エイズのエピローグの役割まで果たさせられたのです。

 フィブリノゲン製剤の危険性が気がかりになったのは、1989年から始まった薬害エイズ訴訟の終盤である1995年ころでした。先天性フィブリノゲン欠乏症の患者の両親から、子どもたちへのHIV感染の心配を訴えられたことがきっかけでした。

 知らなかったことは、他にもありました。
 先天性凝固因子欠乏症の患者のために開発された血液製剤とくに第9因子製剤の適応症が拡大されて、後天性疾患といわれるものに使われていることも1995年ころに知ることになりました。いわゆる薬害エイズ第4ルートです。フィブリノゲン製剤の適応拡大に慎重になっていれば、第9因子製剤の適応拡大も安易に行われなかったと思います。

 2000年8月24日第1回薬害根絶デーの当日に、のちに薬害肝炎東京訴訟原告番号11番になる青年(1980年にクリスマシン投与でHCVに感染)と厚生省前で会って、96年薬害エイズ事件和解確認書締結以来ずっと気になっていた薬害肝炎の宿題を解決する必要に迫られたのです。

 そして2年の準備期間を経て、2002年10月、薬害肝炎訴訟が提起されました。その2年間の準備学習の中でも、いろいろ知らされることになりました。
 血友病患者たちが専門医から“血液製剤で肝炎に感染しても恐くない”と教えられてきたことが、ウソだったわけです。肝炎は、すでに60年代から血清肝炎、輸血後肝炎(72年以降は非A非B肝炎)と呼ばれて、恐い病気だったのです。
 弁護士は医療には素人とはいえ、私は医療被害の救済を専門にしてきました。それでもやはり素人の域は出ないのだと思い知らされてきた20年間でもあります。

 東京HIV訴訟弁護団は10年前から薬害オンブズパースン会議を組織して、薬害防止活動に取り組んでいます。その活動を介しても、知らないことをいっぱい知ることになりました。
 いくつもの医薬品が現在進行形で、専門医と呼ばれる人々によって“よい薬”とされて販売されています。しかし、そこにも新たな医薬品被害が発生しています。有効性・安全性に疑問のある薬が販売承認されて被害を生む構造は、フィブリノゲン製剤(1964年)、第9因子製剤(1972年~)以降、現在も続いているのです。

 今度こそ、薬害肝炎の全面解決をてこに、“断ち切ろう薬害の連鎖”。“他人事(ひとごと)ではない”東京判決がその礎石になることを強く期待しています。

(弁護団代表・鈴木利廣)
[PR]
by kanen-relay | 2007-02-23 00:00 | 東京から
<< みなさん、C型肝炎に関心を持っ... 7.フィブリノゲン製剤の安全対... >>