薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


みんなの「きずな」
昨年は、6月の大阪判決、8月の福岡判決と薬害肝炎訴訟について大きな判断が示された年でした。福岡での判決前夜集会では、会場全体でゆずの「栄光の架け橋」が歌われました。

d0081819_2247045.jpg来る3月23日の薬害肝炎東京判決言渡し前夜にも大きな集会を行います。会場に集まった皆が判決を翌日に控えて強く一つになることができるよう、東京の前夜集会でも歌を歌おうと思っています。
歌は、湯川れい子さん作詞の「きずな」という歌です。湯川さんから応援のハンカチを戴いたことがきっかけとなり、東京の原告さんの一人が、湯川さんが作詞されたこの歌を見つけて、「歌詞が素敵だ!」と一目惚れしてしまった歌です。

【歌詞抜粋・引用】
きずな
(作詞:湯川れい子 作曲・編曲:宮川彬良 コーラスアレンジ:宮川彬良・倉地恵子)

どんな 辛い時代も
飢えて寒い 夜も
暖めてくれた 誰かが いたから
今日がある
THANKS TO YOUR LOVE
ありがとう
 
ありがとう 生まれてきたこと
ありがとう きずなに 感謝


薬害肝炎訴訟は、提訴から4年以上を経て、やっと東京地裁の判断が示されることとなりました。ここに来るまでに、原告さん、支援者の皆さん、弁護士と皆で多くの苦労を乗り越えてきました。

皆でこの「きずな」という歌を大きな声で歌い上げ、これまでの4年間に、この薬害肝炎訴訟を通じて知り合い、共に共通の目的に向けて歩む中で、作り上げてきた原告・支援者・弁護士の「きずな」を判決前日にもう一度強く確認しましょう!
そして、判決に臨む原告さんたちを皆で勇気づけようではありませんか!

(東京弁護団・須嵜)



【追記】
本日、湯川れい子さんのご好意により、のはらヒロコさん(VOJA~The Voices of Japan)を歌唱指導の先生にむかえ、みんなで「きずな」の歌唱練習をしました。のはら先生の乗せ上手、ほめ上手の指導のお陰で、みんな気持ちよく歌えました!

のはら先生からは、「歌詞の内容を真剣に考えて、自分の中でしんみり歌うと重くなってしまうので、それよりも、むしろ人に伝えよう、外に出そうとして歌ったほうがいいです」とアドバイスをいただきました。

きずな」のCDは、このブログ左側のライフログにも載せています!
ここをクリックすると試聴できるサイトに飛びます。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-04 00:00 | 東京から
<< あやまれ!つぐなえ!なくせ! 8.フィブリノゲン製剤の有効性... >>