薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


東京判決を控えて~本当に「美しい国、日本」にしたいなら

東京原告2番です。

暖冬と言われる今年、私の住む東北地方も例外ではなく積雪も無く暖かい冬です。
この裁判が始まり5回目の冬を迎えました。
やっと判決…あっという間のような気もしますが、私が感染してから20年もの長い年月がかかりました。

私がC型肝炎に感染したのは20年前の初めての出産の時にフィブリノゲン製剤を止血剤として打たれたのが原因です。そして、二人目の子供に感染してしまったC型肝炎。

あの時、あの薬さえ打たなければと何度思った事でしょう。
なぜ、自分の身にこんな事が降りかかってしまったのか…まさか自分が…子供はどうなるのか…そんな絶望感で身も心も沈んでいました。
原因がわかっていながら泣き寝入りするしかなく、悔しさで一杯でした。

どうする事もできずに過ごした長い年月。
でも、その苦しみも少しは癒される時が来る。絶対、良い判決が出る。私達原告が負けるはずが無い。そう、信じています。
病気を治したい、健康な体になり、一日、一日を穏やかな気持ちで過ごしたい。
被告には、私達原告の苦しみの重み、長い年月をかけてやっとここまでたどりついた重みを真摯に受けとめ少しでも早く救済に歩み出て欲しいと思います。

安倍首相が「美しい国、日本」と言っていますが、「美しい国、日本」とは、どういう国なのでしょうか。「美しい国、日本」にしたいと本当に思うのであれば、まず一人の人間として人の苦しみを理解し、人を思いやる気持ち助ける気持ちを持たなければ「美しい国、日本」になるわけが無いと思います。
国の認めた薬で病気にさせられた私達原告の苦しみを受けとめられる心を持ってこそ理想の国に近づけるのではないでしょうか。

最後に、多くの方に支えられここまで来れたことに心より感謝しています。
本当に有り難うございました。

(東京原告2番)


東京原告2番さん(40歳代、女性)は、東北地方の医療機関で、出産時にフィブリノゲン製剤を投与され、C型肝炎に感染しました。そして、その後に出産したお子さんは、母子感染によりC型肝炎に感染しています。お子さんが将来きちんと治療を受けられるようにするためにも、原告2番さんは、この薬害肝炎訴訟でがんばっておられます。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-06 00:00 | 東京から
<< 9.重篤性について~「病像が明... あやまれ!つぐなえ!なくせ! >>