薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会 HEARTS より
昨晩、薬害肝炎訴訟を支援する会・東京のみなさんにむけて、薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTSで、いつも大活躍の、学生のくりはらくんからメッセージが届いていました。学生みんなの熱い思いが伝わるメールなので、ご紹介させていただきます。

こんばんは!HEARTSのくりはらです。

HEARTSも最近盛り上がってきてますよ~という報告です。

本日はTOKYO大樹でミーティングと作業をしました。
現在作っているハートの数は合計で百ちょっと。
まだまだ目標まで及ばないですが、着実に数は増えてきてます。

HEARTSのハートって何!?って方!
日和見更新中のブログhttp://blog.livedoor.jp/hearts_hcv_tokyo/
をチェックしてくださいね!

んで、本日は同時に、毎日新聞(埼玉版)の記者さんの取材を受け、
新しくNHKの「アットヒューマン」アナウンサーの方とのアポも取れました。
近く取材をしてもらう予定です。

「学生って普段なにやってるの?」
って声が多そうで、個人的には恐縮です。
形はどうであれ、実質的には僕が東京訴訟の学生のとりまとめをしてて、
目に見える活動をアピールできてないのが本当に申し訳ないと思ってます。

でも! でも!! 
学生はひとりひとり本当に真剣にこの裁判に取り組んでいます。
「原告さんの、裁判の、目の前で困っている人の力になりたい」
この思いは一致しています。

今日は、通して十数回目となる前夜のつどいPTを行いました。
僕は前夜のつどいで総合司会を務めます。
なんとしてもこのつどいを成功させて、
(それはどういう区別によるのか意見が分かれるかもしれませんが)、
東京で完全勝訴・全面解決を勝ち取りたい!
その歴史的瞬間を迎える手助けが出来たらいい。
そういう思いで司会を全うしたいと決心しています。

…熱くなると周りが見えなくなってしまうのが僕の悪い癖です
ね…(汗) 夜遅くメーリス流してしまってごめんなさい。

明日は朝からつくばのメイケイ学園に行って勉強会をしてきます!
報告をお楽しみに!!

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-09 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎東京判決を前に… 9.重篤性について~「病像が明... >>