薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎東京判決を前に…

もうすぐ判決の日だ。
2002年10月に提訴してから4年5ヶ月。
自分がC型肝炎と知って6年4ヶ月。
なんだかいろんな事をいっぱい抱え込んで過ごして来たきがします。

本当なら子育てをゆっくり楽しんでなんて思ってたけど病院と裁判の活動・・・。
でも、自分で決めたんだから頑張らなきゃ!!って。
最近は子供の成長と共に子供に取られる時間が多くなってしまった。

裁判に参加する時に自分で決めたことは、この裁判に関して決して後悔をすることのないようにしようと決め原告に加わった。
本人尋問では自分の気持ちを私なりにしっかり伝えた。
いろんな場所で話をするときも最初は半分くらいしか伝えられなかった事も最近は伝えられるようになって来たきがする。

私たちは何にも悪いことはしていない。
病気や怪我を治すために病院に行って手術や治療を受けただけ。
裁判に勝つのは当然のことである。
悪いのは国と製薬会社。
悪いことをしたら謝るのは当然の事である。

3月23日にみんなで笑いましょう!!!!!

(東京原告7番)


東京原告7番さんは、関東在住の女性で、怪我の治療でフィブリノゲン製剤の投与を受けて、C型肝炎に感染しました。いつも笑顔がすてきな元気印のママです。でも、小さなお子さんを抱えて大変な思いをしながら、病院通いをしておられることを知ると、その笑顔でいられるのは、本当にすばらしいなぁと思ってしまいます。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-10 00:00 | 東京から
<< 向井亜紀さんからハンカチメッセージ 薬害肝炎訴訟を支える東京学生の... >>