薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


桜が咲くと・・・
東京原告13番の長女です。
d0081819_0435613.jpg
 いよいよ判決の日が間近に迫ってきました。早く来てほしいようなまだ来てほしくないような、何とも言えない複雑な気持ちです。本当にいろいろなことがあった中で、ようやく判決の日を迎えようとしています。

 母がこの裁判に参加してからもうすぐ4年半が経とうとしています。正直、長い道のりでした。

 それまで裁判とは無縁だった母は、最初とても不安そうでした。自分が出て行って病状を語ることで、まだあまり進行していない方たちに余計な不安を与えてしまうのではないかと、そのことをずっと心配していました。でも、私たちの前ではちっとも弱いところを見せなかった母だからこそ、本当は長い間抱えこんできたはずの想いを法廷で存分に訴えてほしかったし、共に判決の日を迎えたかったなぁと、今、心から思います。

 母がC型肝炎に感染したのは、私が小学校3年生のときでした。それまでは、休みのたびに私たちを遊びに連れて行ってくれる元気な母だったのに、下の弟が生まれて家に帰ってきたと思ったら1ヵ月後には肝炎だと診断され、そのまま入院することになりました。

 中・高校生の頃はケンカばかりしていたけれど、ようやく大人になって母の苦労を理解できるようになってきたときには母の病状は肝臓ガンへと進行していました。母がガンになってしまったことを知ったとき「いつか絶対に私の肝臓を移植するんだ」と、強く決意しました。それからはその気持ちだけが私の心の奥で支えになっていたような気がします。いつだって自分のことなんて二の次で、私たち子供のことばかりを考えていてくれた母を絶対に助けたかった。けれど、その希望は叶わないまま、母は帰らぬ人となりました。

 花や音楽が大好きで、私たち子供とお茶を飲みながらたわいもない話をするのを何よりも楽しみにしていた母と、もっともっとたくさんの時間を過ごしたかったです。ようやく親孝行ができる歳になったのに・・・と思うと、やりきれない気持ちでいっぱいです。

 フィブリノゲンというたった一つの薬は、母の人生だけでなく、周りの私たち家族の生活まで大きく変えてしまいました。これが、この薬害の本当の恐ろしさです。私たちのように悲しい思いをする家族はもう絶対に出てほしくありません。数日後、どのような結果が出るのかまだわかりませんが、どうか一歩でも二歩でも解決に向かう判決が出てほしいと願っています。

 最後に・・・この裁判を支えてくださっている支援の会の皆さん、学生の会の皆さん、そして弁護団の先生方、いつも本当にありがとうございます。普段はなかなか伝えられませんが、いつも励まされ、感謝の気持ちでいっぱいです。これからもどうぞよろしくお願いします。

(東京原告13番の長女)


上の写真は、東京原告13番の長女さんご提供。
「母との最後の遠出になった2003年2月の河津桜の写真です。もう今年の河津桜は終わってしまいましたが、みんなに桜が咲くといいなぁという気持ちです。」
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-19 01:00 | 東京から
<< 大谷昭宏さん、村田幸子さんから... 田丸美寿々さんです! >>