薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


真実を知りたい
 判決日が迫ってきました。

 集団感染させられた私達は、入院中「出血を止める薬が悪かったんだって。どうしてこんな目にあわなければならないの!あの薬絶対おかしいよ!」と会話していたことを思い出しました。

 あの薬がフィブリノゲンでした。悪い薬だったとわかっていても、何もできず、泣き寝入り、封印せざるをえなかった当時、苦しくて、悲しくて、辛くて、絶望のどん底でした。
 治るという“明かり”が見えず、本当に悔しい思いをしてきました。一生治らない病気と知った時も、逆に自分の運の悪さを呪いました。

 15年の月日が流れ、「薬害肝炎被害救済弁護団」の結成を知った時、どうして今頃に?という気持ちと、やっぱりその日がきたという気持ちが入り混じり、真実が知りたいと思い、原告となりました。

 「魔の薬フィブリノゲン」を認めた国と製造販売をしていた製薬会社が、正直憎くて仕方なかったです。15年間で失ったものは、あまりにも大きすぎました。国と製薬会社は、親の希望を奪い、私の家庭と生涯の道を壊し、後を継ぐ私の子供の将来をも壊し、三世代に渡っての道を壊したのです。
 被告らは、私達被害者の立場を一度でも思い考えたことはないのでしょうか。

 この1月と2月に知人が相次いで亡くなりました。お二人共、C型肝炎を患っていました。いかにC型肝炎感染者が身近にいるのか。国と製薬会社の怠慢さが続き、350万人をウィルス性肝炎患者にしたのです。
 この350万人の中に美しい国づくりを担う若者は、あるいは子供達はどれだけいるのでしょう。
 本当に急がねば美しい日本は“夢物語”になるかもしれません。

 23日は、東京原告の「希望の輪」から「350万人のねがい」が届く判決になることを願っています。信じています。
 そして私は真実を知りたい!!

(東京原告1番)


薬害肝炎東京判決の言い渡しまであと2日です。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-21 01:00 | 東京から
<< 小宮悦子さんから賛同の声 香山リカさん&養老孟司さん >>