薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


判決前夜集会~原告18番さん、顔の公表!
d0081819_0462619.jpgいよいよ明日は、薬害肝炎東京判決ですが、本日午後6時30分から、薬害肝炎問題の全面解決の願いを込めて、東京池袋で判決前夜集会「350万人の願い」を行いました。

集会タイトルの「350万人」とは、ウイルス性肝炎(B型肝炎、C型肝炎)の推定患者数です。つまり、ウイルス性肝炎患者の「願い」を実現するために、患者たちの代表選手として闘ってきた原告たちを励ますために、原告・弁護士・支援者が一緒になって、本日まで企画を練り上げてきた集会です。

会場は、多くの方々からのハンカチでオレンジ色♪500数十席の会場は、ほぼ満席に近い状態となり、薬害肝炎に対する理解の広がりを感じました。
メディアも、東京キー局すべてのテレビカメラが入りました!!

司会は、東京原告11番くん(第9因子製剤被害者・関東在住・20歳代)と薬害肝炎訴訟を支える東京学生の会HEARTSのくりはらくんです。

d0081819_0471951.jpgプログラムは・・・・
薬害肝炎全国弁護団製作のビデオ「夢をかえして~薬害C型肝炎の真実」の上映、HEARTSの学生たち(大和田野さん、石川さん、笠置くん、大久保くん)の掛けあいトークによる薬害肝炎被害の解説、原告さんたちからの「みんなの願い」、そして、支援者からのエールなど、盛りだくさんの企画でした。

実名原告のみならず、匿名原告も含め、東京訴訟の原告さんたちそれぞれが、舞台上でスポットライトを浴び、失われた自分の人生を取り戻したい、ふつうの健康な人と同じ人生を送りたい、薬害を起こした国や製薬会社に自らの非を認め「ごめんなさい」と言ってほしい、何度も繰り返してきた薬害をもう二度と薬害を起こさないようにしてほしい、肝炎患者の全面救済・治療体制の充実してほしいと、口々に「願い」を述べました。

また、薬剤師の千田恵美子さん、東京肝臓友の会事務局長の天野秀雄さん、原爆症認定集団訴訟の安原幸彦弁護士からも、薬害防止、肝炎総合対策の実現、厚生労働省の被害者軽視の行政の"更正"に向けてのエールを送っていただきました。

本日のトピックは、これまで匿名原告として活動していた東京原告18番さん(フィブリノゲン製剤被害者、関東在住、50歳代)が、これからは顔を隠さずに薬害肝炎被害を訴えることを決意され、ペンネーム浅倉美津子として、顔の公表をされたこと。

肝炎患者に対する社会的差別はいまだなくならず、家族もおられる浅倉さんにとって、メディアの前に顔を公表することは、心細く不安であり、勇気のいる行動だったと思います。しかし、浅倉さんは、自分が顔を公表して、メディアに報道されることで、肝炎問題の解決が実現できればという強い思いから、本日、顔を公表されました。

浅倉さんの思いは、以下の動画でご覧下さい。


集会の最後には、のはらヒロコさん(VOJA)の合唱指揮のもと、会場のみんなで、湯川れい子さん作詞「きずな」を合唱しました。

ありがとう
生まれてきたこと
ありがとう
きずなに感謝♪


原告の強い願いを実現するために、本日の会場に集まった方々、原告、弁護士、支援者の強いきずなをもとに、明日の判決以降、闘っていきます。

薬害肝炎東京判決は、明日3月23日14時、東京地裁103号法廷です。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-22 23:23 | 東京から
<< ようやく正しい判断が下された~... 薬害肝炎東京判決 イベント&ラ... >>