薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


座り込み2日目の模様
今日は、多くの国会議員や東京都知事候補が応援に駆けつけました。

訪問いただいた国会議員の方々は以下のとおり。
民主党から、枝野幸男議員、加藤公一議員、川端達夫議員、菅直人議員、菊田真紀子議員、末松義規議員、高木義明議員、三日月大造議員、森ゆうこ議員、山井和則議員。共産党から、小池晃議員。社民党から、阿部知子議員。

d0081819_0443094.jpg原告たちにエールを送る菅直人議員。後ろに立っているのが山井議員。

菅議員は、「(私が厚生労働大臣だったときには)大臣の部屋からは、ここがよく見えた。柳澤大臣も見ているんじゃないかと思う。」と述べ、座り込みをする原告たちを励ますとともに、「裁判に負けても、裁判所に任せていることからして、行政の仕事をしていない。被害者の声を聞かないのは民主主義に反する。」と述べ、現在の政府の対応を批判しました。

d0081819_0454526.jpg
原告たちと並んで。


都知事候補の浅野史郎さん、黒川紀章さんもおいでになりました。

d0081819_0472798.jpg黒川候補

d0081819_0481637.jpg浅野候補です。夕方にお越しいただいたので、画像が暗くてごめんなさい。


原告たちは、政治家の皆さんからの応援のエール、支援者のサポートを受けつつ、一丸となって頑張っています。
通りをはさんで筋向かいある厚生労働省に向かって、抗議の声をあげています。
柳澤伯夫厚生労働大臣、聞いているのか?!原告たちの願いを!!
かえせ!生命を。
[PR]
by kanen-relay | 2007-03-29 18:30 | 東京から
<< 薬害肝炎問題で公明党が官房長官... 座り込み2日目@霞ヶ関の厚生労... >>