薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


薬害肝炎問題で公明党が官房長官に申し入れ
 政権与党の一翼を担う公明党から、内閣官房長官に対し、薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れがなされました。

薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れ

 我が国もウイルス性肝炎感染者は、B型、C型合わせて三五〇万人にのぼると推計され、その中には集団予防接種や血液製剤等による感染被害も明らかになっている。とりわけ薬害肝炎訴訟においては、国や製薬会社の過失責任を一部認める判決が相次いでおり、司法判断はもとより患者・家族の一刻も早い救済のため、政治的な決断が迫られている。

 こうした観点から、薬害肝炎問題の全面解決へ向け、治療・検査体制の充実や患者の医療費負担の軽減など総合的な支援策を求め、ここに申し入れを行う。

一、疾病に苦しむ患者・家族の一刻も早い救済のため、薬害肝炎問題の全面解決に向けた政治的決断を行うこと。

一、潜在患者の早期発見・早期治療体制の確立が重要であることから、より一層の検査・治療体制の整備・充実を行うこと。

一、患者の経済的負担の軽減及び生活の質の向上を図るため、医療費負担の軽減と治療水準の向上に努めること。

 平成十九年三月二十九日

        公明党厚生労働部会
              部会長  古屋 範子
        公明党肝炎対策プロジェクトチーム
              座 長  赤松 正雄

内閣官房長官
 塩崎 恭久 殿


薬害肝炎 患者の早期救済を
官房長官に申し入れ
党厚生労働部会と対策プロジェクトチーム


 公明党の厚生労働部会(古屋範子部会長=衆院議員)と肝炎対策プロジェクトチーム(赤松正雄座長=衆院議員)は29日、首相官邸で塩崎恭久官房長官あてに「薬害肝炎問題の全面解決を求める申し入れ」を行った。下村博文官房副長官が応対した。

(公明新聞:3月30日付)

[PR]
by kanen-relay | 2007-03-29 19:30 | 東京から
<< 座り込み3日目~厚労省お掃除大作戦! 座り込み2日目の模様 >>