薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


「雨上がりの風」が吹いて
 昨年の夏の陣(大阪判決・福岡判決)から歩みを止めることなく、東京判決まで突っ走ってきた。三度目の判決では、ホップ・ステップ・ジャンプできるものと期待しながら。そして、過去に厚労大臣との面談拒否という苦い仕打ちを二度受けても、僅かな望みながらも今度こそはと。

 私たちは、みたび勝訴判決という武器を手にして不退転の決意で臨んだ座り込みではあったが、柳沢厚生労働大臣の不誠実な態度に、胸中は土砂降りの涙が流れていた。3日目の朝、日比谷公園にも強い雨が降った。マイクを握る私たちを容赦なく濡らした後、暖かい日が差し始めた。

 来週も座り込み続行か、はたまた首相官邸強行突破かと覚悟を固めていた頃(午後4時過ぎ)、遂に風が吹いた。
 この追い風に乗って、全面解決という目標を獲得するまで走り続けなければいけない。

 闘いはまだまだ続けばゴールまで 手繰り寄せたし春をわれらに

 そして弁護団の先生方、お疲れ様でした。
 とりわけ東京弁護団の先生方、判決前から東京行動の手配りや気配りは大変だったことと思います。何せ、全国から多くの原・弁・支が東京に集結するのですから、マスコミや世間の目も東京に集注しました。
 これまでの4年半、弁護団の先生方を信頼して闘ってきたからこそ、私たち原告団もやっと心地よい風にあたることができました。ありがとうございます。

 これからは、全国の原・弁・支が更に一丸となって闘う時がきました。ゴールまで、原告団の伴走をよろしくお願いします。

(薬害肝炎全国原告団代表 山口美智子)

[PR]
by kanen-relay | 2007-04-03 00:00 | 東京から
<< 「かえせ!生命を」座り込み に... 恒久対策・インターフェロン療法... >>