薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


新潟支援の会~判決報告集会
 4月1日の午後2時から新潟市の関屋大川前4区自治会館で新潟支援の会の判決報告集会が開催され、弁護団からは私と鮎京が参加してきました。

 集会の参加者は20数名、原告は平井さん、山本さんほか合計3名、マスコミも新潟日報、NHK新潟、新潟テレビ21、朝日新聞新潟総局(新顔)が来てました。あと、支援の会副会長で新潟大学法科大学院の神戸秀彦教授(公害環境法)もこの日は来られていて、ご挨拶できました。

 東京判決では実名原告の平井さん、山本さんを含め、新潟原告は残念ながら全員請求棄却だったので、支援の会も意気消沈しているのではないかと心配していたのですが、かえって支援のみなさんの原告を励まそうという気持ちが強く感じられ、引き締まった雰囲気でした。

 集会では、会長の曽川さんのご挨拶の後、まず事務局長からこの間の活動が報告され、2、3月の3回の街頭宣伝で署名365筆、カンパ5万円が集まったことなどが紹介されました。
 その後、弁護団から判決の意義と問題点、判決後の座り込み闘争の成果と今後の解決の展望等を報告しました。原告3名は、それぞれ判決に対するくやしい気持ちと今後の決意を語りました。

 その後の懇談では、どのように今後運動したらいいかとか、署名用紙は独自に作って集めていいかといった積極的な質問が出て、なごやかに議論しました。新潟では判決前後で連日テレビ報道がされていて、平井さんは「ちょっとした芸能人よりも有名」なんだそうです。

 当面の活動としては、4月8日に街頭宣伝に取り組むほか、5月の連休明けころには平井さんの友人たちで訴訟支援の「楽しいオヤジバンド・ライブ」を計画しているそうです。地元のオヤジバンドを結集して、ステージカーで野外コンサートをやるとか。けっこう大規模な企画です。

 このように新潟原告・支援は元気です。私たちも逆に励まされた感じで帰ってきました。

(東京弁護団・中西)
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-01 00:00 | 東京から
<< 恒久対策・インターフェロン療法... 官房副長官が「政府・与党として... >>