薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


「かえせ!生命を」座り込み によって勝ち取ったもの
 原告、そして、現場を支えてくれた、支援者・弁護団の皆さん、本当にご苦労様でした。原告たちの命をかけた闘いが、重くて厚くて堅い国の扉を開けました。

 大阪、福岡そして東京と三度国の責任を断罪する判決を勝ち取っても、厚生労働省は、非を認めず、大臣は、「訴訟外で会うことは混乱を招く」と言って、面談を拒否し、被害者である原告たちの声さえ聞こうとはしませんでした。
 20年以上も放置され、3つも勝訴判決を勝ち取っても閉ざされたままの扉。このような国の姿勢によって、原告たちは身も心もずたずたに傷付けられました。
 絶望の淵に立たされた原告たちの叫び、これが、「かえせ!生命を」の座り込みだったのです。

 この行動によって、原弁支のより強固な絆が造られました。そして、この絆が、重くて厚くて堅い扉をこじ開けたのです。
 しかし、私たちの本当の闘いは、これからです。開かれた扉の先にあるのは、まだまだ大きな山であり谷です。こうした困難を、絆を、より強固に、より太くしていくことで、乗り越えていくのです。
 私たちなら、出来ます!何よりも大切な「絆」を勝ち取ったのですから。

 私たちの目標は、2つです。
 1.薬害肝炎の全面解決
 2.すべてのウイルス性肝炎患者への治療支援

 薬害肝炎の責任を真摯に受け止める姿勢なくしては、すべてのウイルス性肝炎患者への治療支援は実現されません。
 私たちは、この2つの目標は、切り離せるものではなく、表裏一体の解決課題であると確信しています。
 今後とも熱くて暖かいご支援をお願いします。私たち、弁護団は、頭も、体も、心もすべてフル回転させて、全面解決に取り組みます。

(薬害肝炎大阪弁護団事務局長・山西美明)
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-04 00:00 | 大阪から
<< 桜井よしこさんの薬害肝炎に関す... 「雨上がりの風」が吹いて >>