薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


桜井よしこさんの薬害肝炎に関するオピニオン
 桜井よしこさんが、週刊ダイヤモンド2007年4月7日号155頁(オピニオン縦横無尽)で、薬害肝炎訴訟に関する記事を書いておられます。以下、一部引用します。

薬害肝炎訴訟で司法が裁いた国の責任
無意味な控訴は避け早期の政治決着を


弁護団は、柳澤伯夫厚生大臣に面会を申し入れたが、3月28日現在、大臣は面会に応ずる気配もない。国会答弁では「控訴断念はありえない」とも延べ、強行姿勢だ。

右の姿勢の背景には、責任を認めたくない厚労官僚群に加えて、責任を認めた場合の歳出増加を嫌う財務官僚の存在がある。彼らは、あらたに国が負担する医療費は一兆円規模だと主張する。

だが、考えてもみよ。200万人を超える肝炎患者は徐々に死亡しつつある。その彼らの多くは、IF治療の早期開始によって確実に救われる。また、前述のように、長期的に三兆円が節約できる。どう考えても安倍晋三首相の政治決断が必要なときではないのか。


控訴はされてしまいましたが、大変心強いご意見です。
桜井さんは、薬害肝炎大阪判決の直後にも、「国は薬害肝炎判決を受け入れよ」と題する記事を書いておられます。

また、薬害肝炎原告団の座り込み1日目にも、座り込み会場を訪れ、原告たちを応援してくれました(その様子は、薬害肝炎全国弁護団のホームページに掲載されています。)。

(東京弁護団・まつい)
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-05 00:00 | 東京から
<< 控訴にあたっての声明 「かえせ!生命を」座り込み に... >>