薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


訴訟説明会のご案内
 大阪地方裁判所、福岡地方裁判所に続き、本年3月23日、東京地方裁判所で薬害肝炎訴訟の判決が言い渡され、国と製薬企業の責任が三度認められました。

 この薬害は、1970年代から80年代にかけて、全国で被害が広まっていたと考えられ、製薬企業の試算でも、フィブリノゲンによって肝炎に感染した被害者は1万人にのぼります。
 しかし、本人が被害に遭ったことに気づいていない等の理由から、これまで訴訟に参加している被害者(原告)は全国でわずかに162名にすぎません。

 そこで、薬害肝炎東京弁護団では、下記の要領で訴訟説明会を開催することといたしました。この訴訟説明会では、ご来場いただいた方に対し、訴訟・判決の概要を説明させていただいたうえで、弁護士による個別相談を実施する予定です。

 血液製剤を使用された可能性があるとお考えの方、感染経路がわからない方、訴訟について質問をお持ちの方は、是非、ご参加いただきますようお願い致します。

日時: 4月8日(日)午後1時(開場)~3時
場所: TKP東京駅大会議室
住所: 東京都中央区八重洲1-3-22さくら呉服橋ビル9階


【アクセス】 東京駅八重洲北口から徒歩2分
       東京メトロ 東西線・銀座線・都営浅草線 日本橋駅A3出口から徒歩1分
       東京メトロ 丸ノ内線・千代田線・半蔵門線 大手町駅から徒歩5分


※ 当時の診療録、手術記録、分娩記録、母子手帳、レセプト等の関係資料をお手元にお持ちの方はご持参ください。
[PR]
by kanen-relay | 2007-04-08 00:00 | 東京から
<< 薬害肝炎仙台訴訟の結審 講談師 神田紅さんからのハンカチ >>