薬害肝炎は、血液製剤によるC型肝炎の感染被害です。肝炎患者の検査・治療・研究体制の充実を目指して活動しています。当ブログでは原告・弁護士たちから情報発信していきます。
by kanen-relay
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
お知らせなど
このブログは、薬害肝炎東京弁護団の弁護士が管理しています。

● 東京弁護団は、関東甲信越、北海道、静岡の一部を主に担当しています。
 弁護団員には、群馬、神奈川、千葉、静岡、北海道の弁護士もおりますので、弁護団事務局までご相談下さい。

● 2008~09年度に厚生労働省で薬害肝炎に関する検討会・委員会が行われています。

厚生労働省HPの
 「薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会」
 「フィブリノゲン製剤投与後の418例の肝炎等発症患者の症状等に関する調査検討会」
の部分をご覧下さい。

● 2008(平成20)年1月11日、第168回国会にて薬害肝炎救済法案が成立し、同月15日、薬害肝炎全国原告団は、国と基本合意を結びました。
 また、2009(平成21年)11月30日に、肝炎対策基本法が成立しました。
 これまでのご支援、誠に有難うございました。

 今後は、基本法の趣旨を踏まえ、350万人の肝炎患者のための検査・治療・研究体制がより充実されるよう、活動していきます。

B型肝炎の方へ
 集団予防接種によるB型肝炎感染被害の疑いがある方は、当弁護団ではなく、B型肝炎訴訟弁護団にご相談下さい。
B型肝炎訴訟弁護団
http://www.b-kan-sosho.jp/
全国B型肝炎九州訴訟弁護団
http://www.hbvq.info/

薬害肝炎弁護団リンク
薬害肝炎全国弁護団HP
薬害肝炎九州弁護団HP
九州弁護団事務局長ブログ
薬害肝炎弁護団神奈川支部HP


5月29日の東京地裁第2陣期日
5月29日、東京地方裁判所において裁判期日が行われました。

当日は、午前9時30分より地裁正門前で裁判前集会を行いました。何人もの原告・支援者・学生さんが集合し、この裁判にかける想いを語り、傍聴を呼びかけました。

午前10時から、103号法廷において裁判が行われました。今回の裁判は、3月23日の東京判決後、はじめて行われるものです。今後、第2陣原告(東京判決で判決を受けなかった原告と、新規提訴者)について審理をしていくことなります。

今回の期日では、原告と弁護団より意見陳述を行いました。原告の意見陳述は、3月末に新規提訴した原告37番さんが行いました。彼女は第1子出産時にC型肝炎に感染しましたが、その後第2子を出産、その際、母子感染によってお子さんもC型肝炎に感染しました。お子さんはまだ10代、昨年感染が判明したばかりであり、今回原告38番として一緒に提訴しました。原告37番さんは、意見陳述のなか、お子さんの感染判明、その将来への不安に触れる段階になると、涙を抑えきれず、声を詰まらせながら語りました。弁護団からは、田中弁護士が本訴訟の意義、早期解決及び全面解決の必要性等を訴えました。

裁判後は、司法記者クラブで記者会見を行い、また裁判傍聴に来てくれた方々には弁護士会館で報告集会を行いました。報告集会の席上、原告さん達からは「原告37番さんの意見陳述に共感して涙が出てしまった」という声がいくつも聞かれました。原告の多くは、お母さんです。出産の際に止血剤を投与されてC型肝炎に感染し、その後に母子感染の不安をかかえながら次の出産をした方もいます。また、母子感染を心配するあまり、感染後の妊娠・出産をあきらめた方もいます。子を持つという喜びを断念せざるを得なかったのです。

現在、第1陣原告については東京高裁に係属、第2陣原告については東京地裁で審理が始まりましたが、原告団・弁護団は、早期全面解決を求め、抗議行動も活発に行う予定です。6月4日には亡くなった原告さん達の追悼の意を込めた抗議行動、6月25日にも抗議行動を行うことを予定しています。多くの皆さんの支援と参加をお願いいたします!

(東京弁護団・三枝)
[PR]
by kanen-relay | 2007-06-01 00:00 | 東京から
<< 返せいのちを!6/4厚労省抗議行動! 茨城、神奈川でも、薬害肝炎支援... >>